asagitti's blog

うつを,くらしを,音楽を,ファッションを,ゆるり,ゆるりと。あと猫。

カクバリズム15周年イベント番外編「キセルと田中」@渋谷WWW 2017/11/22

いろんな事情で今回のカクバリズム15周年イベントに行けなかった私ですが、このツーマンの知らせを聞いて秒速で参戦を決めました。祝前日とはいえ平日なのに!

(チケットを取るのも秒速でやりました)

https://www.instagram.com/p/BbyrwUMgWIa/

キセルと、田中馨(ex.SAKEROCK)率いるHei Tanakaのツーマン。

角張社長のDJとともに。これは多少の無理をしてでも行くしかない。

 

初めてライブを見たんですが、すごいなHei Tanaka!

このバンドは絶対にライブで見るべき。楽しすぎるから。

田中馨のやりたいことを具現化するためのメンバーのプロの仕事、

そして田中馨のベースのプレイ!なんで踊り狂いながらあんな音出るの。

なんでそんなベースライン弾けるの。

その音どの弦から出てるの。

手元を見ているだけでももう楽しすぎてしょうがないのに、ショーとしても楽しいんだからもう楽しくて楽しくて。

サックスもいい仕事してますねー。サックスがメインのところは「ベーシスト」にちゃんとなっている田中馨。それ以外のところは、ベースが主旋律というか、うまく言えないな、未体験の世界だった!

 

どっかで「Hei Tanakaの曲は、いいフレーズがたくさんあるんだけど、それが『全部一緒になって襲ってくる』」(うろ覚えなので間違いがあったら失礼します)という記事を読んだのが体感できた。なんらかの素敵な塊に襲われた。

※調べました。「フレーズ一個一個を抜き取るとすごく可愛いんだけど、可愛い顔をしたフレーズが鬼のように襲ってくる曲だねbyメンバーの小鳥美術館のまきお君」でした

 

私は幸いにも(偶然にも)スピーカーの音がどーんとくる位置で見ていたんだけど、音が、音圧が、内臓にドカンドカンくるんだが、楽しいったらない。

音源は、ソノシートとカセットテープしか出ていなくて(笑)次に出るのは7インチっていう、もう!ライブ行かなきゃダメじゃん!っていうところがすごく「らしい」。

最後の曲では田中さんバグパイプ吹いてました。

初めて生で見たわ。

 

ちなみに物販にあったカセットテープは私が見たときはもう売り切れ。

Tシャツを見てたら田中さんから「ありがとうございます」と声をかけていただいたので、「CD出してください」とお願いしてみたら、「7インチのあとにね」と言われました。

こういう人が、音楽で食っていける音楽業界がずっとずっと続くといいし、守ってるカクバリズムについて行くぞ。

 

キセルのライブは、本人たちが「普通にやりますね」と言っていた通り、いつものキセル。でも、12月発売のアルバムからの新曲多めでした。

新曲は、耳馴染みになっている曲おありましたが、どれも早く詩が読みたいな、と思いました。キセル、昔はよく「浮遊感」というのが枕詞になっていたけれど、どんどん地に足をつけて、土に足跡をつけてゆっくりと歩くような、そんなミュージシャンになっていくなあ。

おなじみの古い曲たちもアレンジされ、今回は「エノラ・ゲイ」が東京音頭みたいな、なんていうか、えっさほいさというリズムになっていたり、「ギンヤンマ」が、最小限の音で最大限にブワっと飛べるようなアレンジになっていたり、本当にキセルの曲たちは生きていて、日々変わっていくんだなあと思いました。

この人たちの曲も、その時のそのライブでしか聴けないアレンジというのが多すぎて、ライブに行かなきゃ始まらないのです。

 

カクバリズム15周年ということで、初めてカクバリズムに所属してSAKEROCKと一緒にツアーを回ったとき、弟がしょっぱなから打ち上げの帰り足を骨折したという話をしていて、あーーあったなーー!と。仙台でのライブ終わりで。

今回は多くは語らなかったけど、あの時ね、牛タン食べて浮かれてスキップ気味で飲み物を買いに行こうとして「足をぐねった」(弟談)と言っていたな。

あの頃のキセルはブログを結構更新していて、弟が病院で車椅子に乗ってめちゃ落ち込んでる写真がアップされていたことと、骨折した後の弟のプレイが良くて「骨折ったほうがいけるんちゃう」「文字通り骨身を削って」と兄にいじられていたことを思い出しました。

 

キセルはダブルアンコールまで。(最後は「2%くらいしか使わないと思っていた」と言っていたミュージカルソウを使って「たまにはね」)

ダブルアンコールの時、兄さんが「なんも考えてなかった、なんかやって欲しい曲ありますか?・・・特にない?」と問いかけてたけど、答える人がいなかったのは、ありすぎて言えないのと、キセルから出るものが聞きたかったのと、そのせめぎ合いがあったからで、特にないわけでは断じてない。

 

終わったと思ったら、角張さんの心地よいDJ、をかき消すように歌い踊りなだれ込んできた Hei Tanakaの面々。最初は目を丸くして見ていたキセルも、スタッフに促されケーキとシャンパンを持って客席へ。先日の角張渉社長のサプライズバースデーでありました。一緒に祝えた我ら。楽しいったらない。

 

楽しい時間をありがとう。


Hei Tanaka 純主観シューター(ズ)Vol. 4 大関泰幸

 

 

秋田通院終わりでした

昨日行って来ました。もうすぐ降雪もあろうということで、

今年最後の車での通院です。

道中雨と横風に難儀しましたが、やっぱりこっちのが楽。

 

ここ一ヶ月というもの、仕事がめちゃ忙しくなる年に数回のシーズンに加えて、同僚が家庭の事情でお休みしていたこともあって、かなりオーバーワークになっていました。

それは分かっていたものの、何しろ自分が担う分の責任が重くなったものですから、私の悪い思考パターン「完璧にやり通さねば」が発動し、朝から晩まであれもこれも。周囲からも「ちょっと休みな」「もうそれでいいんじゃないの」と言われるくらいのまあよくない働き方になっていました。

 

その結果、精神症状は出ないものの(何かが張り詰めているのでしょうか)身体症状、主に痛みが強くなり、こめかみが痛すぎて片目から涙がでる、吐き気を伴うくらいの頭痛、肩、首、腰の痛みに悩まされていました。他にも入眠ができなかったり、中途覚醒、朝の強い怠さなど。

 

今回の通院でこの冊子もらいました。

「うつは体の病気でもある」知っておきたい うつ病の痛み

http://www.utsu.ne.jp

www.shionogi.co.jp

 

単なる疲れではなく、うつ病の悪化の兆しでした。

うつ病」と診断される一年ほど前頃、頭痛腹痛吐き気が交互にまたはいろんな組み合わせで常にあった時代を思い出しました。

(薄々分かっていたのに、内科ばかりをハシゴし、「貧血」なんて言われていた無の一年間。)

 

それで、今回抗うつ剤が一剤増えました。

服用したら頭痛は消えましたが、初期副作用の吐き気で動けない。

2週間くらいで消えるんですけどね。効いてる証拠でしょうか。

これまたうつの病始まりの時代を思い出します。

 

ちょっとやりすぎましたねえ。自戒を込めまして。

秋田通院おわりでした

秋田では様々な催しがあったらしく、どこにも宿泊できずに日帰り弾丸通院。

秋の秋田はいいとこだらけだものね。

今日は、今はうつの症状で困っていることはないこと、

(前回追加された眠剤の存在が安心感をもたらしている)

あと人間ドックで「卵巣腫瘍」と2年続けて診断されたのが、

精密検査に行ったところ「薬をたくさん服用しているせいで、排卵がうまくできていないため黄体化しているが、悪性ではない」と言われたことをお話してきました。

一体どの薬のせいなのかは分からず。

まー歳とったせいもあるだろう。と自分では思っている。

 

精神科の主治医の先生に「減薬してみる?」とさらっと訊かれたけど、

(出産できない可能性などもお考えになられたのだろうが、きっと私はそういう道はもう歩まないと思う。そういうふうにできている。)

いえいえ、いま「辛くない」からこのままでいたい。とお話しして処方は変わらず。

「辛くない」のか「そこそこ辛くない」のかは、実はもう分からないんだけど、

悪化させることなんて維持することの100倍くらい容易なわけだから、

信頼する主治医の先生にお任せする。

 

帰りに、調剤薬局に寄って、たまたま置いてあった「うつヌケ」(田中圭一作品他)

を途中までペラペラ読んだ。漫画なので簡単に読めた。

話題になった本なので、存在は知っていた、が、手に取らなかった。

最初に抱いていた印象の通り、やっぱ私との共通項はなくてへこんだ。

社会への啓発にはなるんだろうが、うつ病抑うつ症状や大うつ病やなんやかんやも)を一緒くたにして「自己肯定しようぜ!」「森田療法だぜ!」なんて言われたらもっともっと追い込まれる人は多かろうな、という印象だった。

そういや何年も「気分転換しなよ!」と言われては傷ついていたっけな、ご飯も食べられない時期に、と少し思い出した。

 

まあ、私は私なのでそこんとこはいいのさ。

帰りはこの曲が頭の中を流れていた。

ユニコーンのアベさん50歳生誕祭の曲。

1から50までゆっくり。

一年ずつ思い出し、これからも一年ずつ歳をとる。

何も消えないが、積み重なっていくのだ。


abedon50祭 山形  50/50  ユニコーン   live

 

秋田通院行ってきました

今回はなんとか仕事の振替休日を駆使して通院。

奇しくも通過したての台風を追いかける形で秋田へと北上。

https://www.instagram.com/p/BZKkJ7XgUzy/

こんな青空に行ってきますをして高速へ。

台風が通り過ぎてすぐの道を行くので、横風がすごいわ

秋田道に入ると暴風の爪痕、路上に転がる木々の枝葉よ。本線に今にも倒れかかってきそうな倒木よ。自然の力をなめちゃいかんなあと思いながら運転してきました。

秋田道に入ると、森が風に吹かれてごうごうと音を立てている。

そういや、今の子供たちって、「風がどうどう吹いている」とか「すすきをぴゅうぴゅう吹いている」とか、そういう表現をどうも理解し難いようで、

それってまさに体験の少なさなんだなあ、自然そのものに触れる体験。

などと思いながらなんとか秋田に到着。

https://www.instagram.com/p/BZLCN9ZgoTF/

すぐさま通り雨に襲われる。

 

今回は、少し余裕をもって到着したので駅前をうろうろ。

駅ビルのようなところに日本酒の立ち飲みコーナーができたので気になりまくっているが、おじさまばかりなので今回も断念。

 

診察は翌日。

投薬はあまり変わらず、でも早朝に目が覚めること毎日の如し、とお話ししたところ少し睡眠関係の薬を追加していただきました。

「他に困ってることは?」と主治医に訊かれ、「あまりない」と答えたものの、

どうも秋田に来ると、うつであることを自覚する。

日常から離れるからか。

「辛い。嫌だ。死にたくなる。」と正直に言ってもいい場所だからか。

普段は忙しさとなけなしの責任及びわずかな社会性で押さえ込んでいるうつが、ふと顔を出すのです。

不思議。

私の場合は、形容すると「息が苦しい」。比喩ではなく深呼吸することが難しい感じ。

(これがさらに悪化して思考できなくなると私はアウトと判断し休むのです)

秋田に宿をとって三日か四日か滞在してみたい。

歩いたりバスに乗ったり路地ぶらぶらしたりしてみたい。

 

しかしながら来月の通院は・・・

通院周期にあたる週は、前後1週間含め全部アウト、宿一件もなし。

ひどいじゃないかああ!

来月は日帰り弾丸通院です。あーあー紅葉も綺麗だろうになあ。

キセルとパスカルズ@代官山 晴れたら空に豆まいて 2017/8/22

https://www.instagram.com/p/BYFzVddAdxy/

音楽への入り口は、私の場合「たま」でした。

当時は同級生に相当引かれつつ(笑)

主旋律の上でハモるコーラスが好きなのも、

生ピアノやオルガンが入った音楽が好きなのも、

うたうベースラインが好きなのも、

きっとここが原点です。そして、今があります。

時は流れ・・・キセルパスカルズの2マンライブが見れる日が来ようとは。

もう感無量の一言でした。とっても幸せな時間でありました。

 

キセル

「庭の木」からライブスタート。

北山ゆう子さんとの3人編成。

なんでも、「パスカルズとの2マンだから曲どうしよ」と考えたら、いつもより弟の曲多めになったそうです。分かるような気もする。

 

ライブで何度か聴いた、新曲「山を下る」にゆう子さんのコーラスが入っているように、今回のセットリストもゆう子さんとのハモリが随所に見られました。

「山を下る」は、何度か聴けていたのでこの夜は少し歌詞を味わえました。

「山の頂から見る景色は少しやましい」

エノラ・ゲイ」がなんか軽快な感じでアレンジされていたり、

「町医者」がロックテイストだったり、なんか実験的な感じの演奏にわくわくしました。今レコーディング中とのことで、その影響もあるのかな。

今年中に新譜が出る予定だそうです!(ツアーもあるかなあるかな)

初披露の新曲も聴けました。「二度も死ねない」(もしくは「二度は死ねない」だいぶニュアンスが違いますが汗)本人たちが「地味な新曲です」って言ってた通り地味だったけどこれはじわじわくるやつです。

「ナツヤスミ」と「ベガ(ループする音のリズムが違いました)」に魂持ってかれそうになりました。

うろ覚えのセットリストは

・庭の木

・時をはなれて

・町医者

・山を下る

・二度は死ねない(新曲)

エノラ・ゲイ

・おに

・ナツヤスミ

・ベガ

・来てけつかるべき新世界 

 

「明るい幻」の曲たちも、随分馴染んでこなれて来ました。

余談ですが、「晴れたら空に豆まいて」のopenと同時に、キセルのメンバーが全く違和感なく出口から出て階段を登って行きました。見送る我ら。

この一見普通のひとたちが、楽器を持ったらそれはそれは無敵なんだな。

 

パスカルズ

全員はいなかったと思うのですが、ステージのいい感じの狭さとあの人数ですから場面転換とチューニングやらで小一時間かかりました。腰がー。

私は数曲しか知らないんですが、おもちゃのような楽器と、弦楽器管楽器と笛と石川さんと(笑)これが一体となって曲を構成するって一体どんなテクニックなんだ、と感嘆しつつもとても楽しく聴いていました。ドラムと石川さんのがらくたパーカッションと(褒め言葉です)バイオリンとトランペットと鍵盤ハーモニカと鈴と。全然違うものなのに何一つ浮かない。

個人的には、「だんだん畑」とか、知久さんの声が聞ける楽曲は嬉しい。そして、知久さんの弾くウクレレは、なんであんなに美しい音がするんでしょうね。

終盤、石川さんが客席になだれ込んで来てビビりましたが、楽しさのおすそ分けいただきました。

 

そしてアンコールです、というかキセルパスカルズのセッションですよ。

キセルの二人はステージ下のスペースで参加。キセル弟と石川さんがステージに並んで腰掛けるというなんともシュールであたたかい感じ。

 

「鮪に鰯」のキセルパスカルズのセッション、兄さんと知久さんのハモリ。

なんかもう感極まりすぎて棒立ちでした。ずっとこのままでいたいと思った。

知久さんの心底楽しそうな笑顔といったら。

これが聴けただけでもあーーしばらく頑張れると思ったし、

声高にがなり立てなくてもこうも音楽で伝えられるものって強いのか、という当たり前の驚きを。

二曲めはパスカルズ「きんとうん」だろうか。

ギターソロを弾くキセル兄のすぐ目の前で、鈴を片手に踊り狂う「歌う飛び道具」石川浩司。「兄さん…大丈夫か」と少しハラハラしながら楽しんでたら、弟もなんか心配そうに見てました。多分、兄さん頑張ってたよ、あの時。

 

この日は予定になかったダブルアンコールがありました。

ロケット・マツさんと知久さんの協議により「のはら」。

兄さん、簡単にコードだけ教えられて「ギターソロやって、できなかったらそこらで踊ってていいから」という素敵なフリをされていましたけど、

めっちゃ染みるギターソロでした。

バイオリンのソロの後で、バイオリンの方が「次よ、このコードだよ、これだよ」としきりに目配せしていたのもなんかいい感じ。

兄さんにとっては、多分即興のギターソロより皆の前で踊る方がハードル高かっただろう、多分。

 

最後に、パスカルズの対バンがキセルに決まったのは、知久さんの推薦なんですって。「キセルがいい」って言ったんですって。なんだ、なんだ、すっごいうれしい。

 

音楽好きでよかった。

 

あまりにライブが良すぎて、終演後しみじみとビールを飲みながら腰を抜かしていたら客席にいらした友晴さんに「・・・すっごい楽しかったです」としか言えなくて少し後悔していますが、私はこの夜を多分忘れないっす。

 

キセルのレーベルメイトのスカート澤部くんが先日柳原陽一郎さんとライブをやったことだし、この際柳原さんとキセルのライブも見れないかなと思う欲張り。


キセル「町医者」2010.5.8 FUKUOKA.CAFE TECO LIVE

 


パスカルズ(PASCALS)/のはら(Nohara) WOMADelaide

 

なんとか通院終わり

昨日今月の秋田への精神科通院行ってきました。

お盆で実家の母がいないので、寂しがり猫のために弾丸日帰り通院。

 

今年は私にとっては試練の年でして、どうしても受けなければならない研修と職務上必要な研修が連日重なり、かつ出張&通信制大学のスクーリング(これは致し方ないのだが)などなどがあり、つい先日までフル稼働な状態。ようやく休みに入れたタイミングでの通院でした。今年はまとまった休みはなし。

 

しかしながら、経験上、忙しいときよりも、それを乗り越えて期間を置いてからどっと負荷が脳に来るのが常なので、主治医に話すべきことができるのは少し経ってからだな・・・と思いつつ秋田についたら、なんか患者の回転がすごい早いぞ・・・

はい代診の先生でした。

代診の先生に話すべきことは・・・無いので(失礼かしら)同じ処方で終了。

 

しかし、困ったのは次の予約が、秋田の祭りカレンダーと私の仕事カレンダーと国民の祝日と、が合わないので確定できない。

ホテル取れない。仕事を終えて新幹線日帰りは、仕事の進行具合から無理そう。ホテルか新幹線取れる日は仕事休めないか病院休み。

薬が持つだろうか?!

東日本大震災の時、津波で当時通って居た病院が被害を受け、うつの薬が全くなくなった時の恐怖が色濃く残っているのです)

主治医でしたら、いろいろぶっちゃけて相談できるのですが、困った・・・

ここでプチパニック①

困りながら帰路につくべく秋田駅についたら、あれ、不穏な雰囲気

切れ切れに聞こえるのは「線路で」「煙が」

はい、こういう時にスマホのバッテリーが切れるのが私

ここでプチパニック②

(家に帰って地方ニュース見たら、秋田駅の線路の枕木が燃えたらしい。ほんと秋田のニュースは同じ東北の仙台ですらわからない)

 

一人でうろたえたり、持ち物を何度も無くしかけたりばらまいたり

(注意力が極端に低下している時の一例)

みるみる抑うつになっていくのでした・・

 

ここで気がつきましたのは

 

ああ、私は「最近うつが良くなってきて社会復帰してる」のではなく、

この私の脳がなんとか処理できる程度に、スケジュールをルーティン化してやり過ごすことを数年かけてなんとか身につけ、(何年かかってんだい)

主治医を始め、助けをもらいながらようやくやってただけなんだなということ。

 

不意の出来事や想定外の事態は、きっと同じ病気の人にはわかってもらえるかと思うが冗談抜きで本当にきつい。

しかし想定内のことなんてそうそう続かないよね。

だから私は手帳持ちなんですわ。

 

真実に気が付いたからといってどうしようもないわけだが。

 

今日は家でごろごろ、明日もごろごろ、そしたらこの夏の唯一にして最大の楽しみ、キセルパスカルズのライブだ。

そのあと、間髪入れず怒涛の仕事ラッシュだからね、体調がどうなるか。

どうにかなった頃に次の通院だ。


たま あの娘は雨女

パスカルズつながりで「たま」ばっか聴いています。

柳原さんはいないけどねえ。

今月も無事通院して来ました

今月は、3連続出張、出先から直で秋田通院でした。

分野が様々なものだったので頭がパンクしそうでしたが、

なんとか体調も崩さず乗り切りました。

 

この点を主治医に「よくなったね」と褒められて来ました。

疲労感は常に抜けず、朝は体が重くて仕方ないのですが、仕事を始めるといつの間にか意識は仕事の方に向きます。

 

これは良いのか悪いのか・・・

あと2週間は出張研修ウイークが続くので、思考力がもってほしいと強く願う。

 

無事に通院を終えたと思いきや、よくよく次の予約日を確認すると

その日は大曲の花火大会の日ではないですか。

一年でいちばん秋田県が人であふれる日。

薬剤師さんも、クリニックの受付の方も、

「その日はダメだ。どうしても。」同じ言葉を言うくらい

新幹線も高速も抜け道さえもNG。

泣く泣く日程を変えました。

こういう急な変更に弱いメンタリティ。

 

夏の秋田。祭りの確認を怠ることなかれ、と何度後悔したの、と

反省することしきりでありました。

https://www.instagram.com/p/BXFWk-1gXNd/

今月は錦秋湖SAで稲庭うどん。なぜかチキンが乗っている。

錦秋湖SAは、うっそうとした山の中にある。いるだけで森林浴できそう。

人が少なかったので夕暮れ、柱の陰で座ってぼーっと気分転換。

せっかくの森の空気をコンクリートの駐車場が邪魔してるから、

いっそ舗装しなければいいのに、など勝手なことを思う。

 

先日の大雨被害に遭われた方に対するテロップがテレビ画面に流れている秋田。祭りで元気になるといいなと思います。