手を伸ばす前のまわり道

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

キセル 20th anniversary year of kicell「キセルのことはじめ」@青山・CAY

https://www.instagram.com/p/BtscTFzFx47/

本当に、突然告知されて突然発売された、本当に久しぶりの東京でのワンマン。

チケットが即日sold out したかと思えば追加発売され、立ち見発売され、youtubeライブ配信ということにまでなったキセルのライブ。配信かい!とは思ったけど、みんなそれだけ待っていたんです。キセルのワンマンを。

キセルのことはじめ、私のライブはじめ、行ってきました青山CAY

配信の都合上なのか、ステージは最小限のスポットのみ。客席はほぼ真っ暗。

 

登場まもなく演奏された「ビューティフルデイ」に涙しそうになりました。

ずっとライブに来たかった!!!!!

 

今年はキセルの結成20周年アニバーサリーイヤー。楽しいことがたくさんある一年になりそうです。

ステージは写真のようにキセル二人セット。キセル二人だけのワンマンって、どれくらいぶりだろう?と考えても思い出せませんでした。しかも、ついこの間15周年を祝ったばかりな気がする・・・!もうない、渋谷AX...!

 

キセルの真骨頂は二人セットにあると私は思います。

それは、私が好きになったのがカセットMTRキセルの音楽だったと言うことも大きいのですが、カクバリズムに入ってからキセルは「音楽的体力」をぐんぐんつけてきたように思うのです。音源の作り込まれた音を、ライブアレンジがぐいぐい超えていくんです。私がキセルのライブ、特にワンマンへ何が何でも行くと思うのはそう言う理由からで、ライブで聞いたキセルの楽曲は、その時にしか心に刻むことができないんです。

 

それが、二人セットのアレンジだと、音のすきまがぐんぐんキセルの良さを際立たせていく。宅録ミュージシャンであった彼らが私は大好きなんですが、私はライブミュージシャンとしてのキセルが本当に大好きなのです。

もちろん、北山ゆう子さんやエマさん、野村卓史さんの絶妙なサポートも好き。

 

今回はライブの序盤で、最新のアルバム「The Blue Hour」の曲と、初期のアルバム「夢」の曲が続けて演奏されました。The Blue Hourはキセルが「バンド」として作ったアルバム。「夢」は宅録キセルのアルバム。その曲が、例えば「富士と夕闇」と「火の鳥」が、何の違和感もなく(!)ライブを作っていることに、うまく説明ができないんですが私は本当にキセルを好きでいて良かったと本当に本当に思ったのです。

 

昨日のライブはまだアーカイブに残っている様子。

聴く時は、オーディオ環境を整えて聴くことをオススメ。

昨日の音は本当に良かったから。

 

アーカイブが残っているうちに味わおうと思いますが、ライブっていうのは本当に生き物で、ファーストインプレッションが一番心に残る。私はライブで聴けて幸せ者でした。あと、チケットが良番だったので、YouTubeに自分の後ろ頭が写っているのが、ああ・・・。と思いました。良かった途中でビール買いに行かなくて。

 

今回の楽曲のアレンジは究極の引き算な感じでしたね。私はあの「ベガ」のアレンジ好きです。あと、ダブルアンコールで演奏された「しんしんしん」。最高。


20th anniversary year of Kicell 「キセルのことはじめ」

 セットリスト 1. ビューティフルディ 2. 町医者 3. 富士と夕闇 4. 山をくだる 5. 火の鳥 6. 夜間飛行 7. くちなしの丘 8. わたしの夢 9. Old Man 10. 君の犬 11. タワー 12. 夜の名前 13. ベガ 14. ひとつだけ変えた -アンコール- 1. 草葉の陰まで(新曲) 2. ハナレバナレ 3. 夕焼けの丘 -アンコール2- しんしんしん

https://www.instagram.com/p/BtsyDhVlmud/

 こんな告知もされましたが、本人たちから「今日の20時から受付」と言われた時、時計を見たらまもなくじゃん。でもこれからアンコールじゃん。「受付順か!抽選か!」と会場はざわつきました(多少)行けるかわかんないけどダブルアンコール後フロアの電気ついたら速攻で押さえましたね。(同じ行動をとる人多し。先行抽選受付でした)

野音キセル」は特別なんです。

 

4月にはHei Tanakaの(今度こそ)アルバム発売。

今年は楽しくなるに違いない。

ブログのタイトルとデザインを変えました

デフォルトのままでいたブログのタイトルを変えました。

タイトルは、スピッツの「けもの道」から。


けもの道 Spitz

「身バレ」してしまいそうになったのが一番大きな要因ですが、(あんまり職業的に良くないのです)

ブログタイトルに「風情がないな・・・」と、個人の日記でしかないようなブログでも、自分自身がそう思っていたので、変えました。

よろしくお願いします。初心者バリバリのデザインですが。

2019年始まり。

2019年、平成最後の!と連呼される年が始まりました。

私は、病気休暇取得中だったこともあり、暮れも正月も同じペースで過ごしていたもので、「新年」という気持ちにはならないのですが。仕事は「年度」で動いていますからまだまだですしね。

 

でも、今年はゲンをかついで「初売り」にひっそり参戦してきました。閉店間際のひそやかな買い物。足元を固められたらいいな。良い見通しが持てればいいな。

ということで。

1 Dr.Martinのショートブーツ

チェリーレッドの8ホールブーツは持っているのですが、そういうコーディネートがだんだん似合わなくなってしまいました。加齢とともに・・・(涙)

レディースサイズを購入したら、メンズのものより少し丸っこい形。

パンツでもスカートでも合わせやすそうです。

定価より少しオフで購入。まだ革が硬いので、一年かけて馴染ませたいと思います。

 

2 新しいメガネ

金沢は鯖江産のメガネ。金子眼鏡 KANEKO OPTICAL で購入しました。

同じお店で買った、廉価版の眼鏡をかれこれ7年使い続けてきたのですが、さすがに金具等が劣化して、細かな調整がきかなくなっていたところ、夏頃に「鯖江の職人さん手作り眼鏡」に出会って一目惚れ。その時は値段が前の眼鏡の倍近くだったので見送っていたのですが、それ以来、眼鏡の品番を書いていただいた店員さんの名刺をお財布に忍ばせたままでいるほど、ずっと気になっていたのです。

 

それが、「仙台初売り」ではもう常識!の「眼鏡三割増し商品券」で三割オフ。(仙台の老舗眼鏡店が始めた恒例行事なのです)

しかも、同じ型番の眼鏡は私が見たあとすぐに売り切れたのだけど(少数生産なので)12月に再入荷したばかりなんです、という店員さんのお話だったので、これは運命でしょう、と購入。茶色の縁のまあるいフレーム。

https://www.instagram.com/p/Bs2lYUCl2ga/

https://www.instagram.com/p/Bs2m1uTlzr8/

手彫りの彫刻。軽い素材に装飾が施せるのは限られた職人さんなんですよ、ということでした。以前の眼鏡より断然軽いです。

歴代眼鏡集。

https://www.instagram.com/p/Bs2lljZlVBE/

上から、非常用のディスカウント店のメガネ、以前使っていたメガネ、今回購入したメガネ。一番レンズが大きいのに、一番軽いんです。我ながら良い買い物ができた。

私の眼鏡人生で一番の大物になります。すでにもう馴染んでいる感じがするので、また長いお付き合いをしたいと思います。

 

2018年は、頑張り通せたけどなかなかに試練の年でした。

今年は、心が豊かになることができる年になりますように。

 

通院も終えましたがいつも通りです。

うつ病の方は、ゆっくりゆっくり付き合っていきます。

2018年音楽との・・・お付き合い

2018年は、一時期人の声に過敏がでた時期があって、インストや声が楽器のように穏やかなヴォーカリストの音楽を聴いていました。あと、何故だかふとしたきっかけで、昔はまった音楽に再びのめり込む時期もありました。

1 グットラックヘイワ

ライブがめちゃくちゃ楽しいんですよね。でも、今年ライブ行けませんでした。ライブに行ったら最前列にいたい。手元を見ているだけで天国へ。ドラムとキーボードと口笛。最小限にして最大限のインパクト。ドラムが歌い、ピアノが跳ねる。楽しいったらないです。


グッドラックヘイワ - Chinese Skater @ KAIKOO POPWAVE FESTIVAL'10

2 SAKEROCK

言わずとも外せないサケロック。解散ライブに大いに無理してでも駆けつけなかったことはいまだに後悔しております。映像作品だけでもあれだけ幸せが漂う空間だったのなら、その場にいたお客さんたちはどんなに幸せだったことでしょう。5人でもサケロック、4人でもサケロック、何人でもサケロック


SAKEROCK / SAYONARA 【Music Video】


SAKEROCK/慰安旅行 2005年 LIVE

3 THEE MICHELL GUN EREPHANT

ちょっとしたきっかけから、ミッシェルを聴き倒してた時期がありました。アベフトシのギターを求めて。アベの記事も書きましたね。

 

asagitti.hateblo.jp

 ミッシェルを聴き倒していた時代は、高速カッティングに釘付けでしたが、今聴くとリズム隊の技術の高さ、アベさんのギターの音色の美しさに気付きます。あれだけ音数が多いのに、濁って聴こえないギター。「シャンデリヤ」の、ライブバージョンがめちゃ聴きたいです。ミッシェルはライブだと超高速になる。嫌が応にも燃えます。今は何故だか脳内を「キャンディハウス」が流れてます。なんと初々しい。

解散ライブのDVDはまだ開封できないです。最後の「世界の終わり」。


キャンディ・ハウス / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

4 ハンバートハンバート

フォークデュオなんて言われるけど、そんなジャンルに収まりきらない。声が、言葉が、自然に染み込んできます。元気が出ない時はこれ聴いてました。こここ言葉が、のののどに詰まるとき。


Humbert Humbert - Boku no ohisama [Official Music Video]

5 キセル

外せないです。今年はライブに行けなくて、毎年恒例の謹賀新年ワンマンライブに掛けていたら、どうも彼らは制作期間中なのでしょうか。私が好きなミュージシャンはどの方もそうなんだけど、音源を軽くライブで超えてくれて、心が満たされまくって仕方がない人たち。あああライブに行きたい。


KICELL(キセル) - ベガ @ KAIKOO POPWAVE FESTIVAL'10

 

あとはもちろん書ききれないくらいあるのですが、今ライブに行きたい人たちを思いつくままに書いてみました。もうライブが見れない人たちも含めて。スピッツもですけどね。スピッツは、もはやハコが大きすぎて、あと私の運がなさすぎて、チョモランマ席しかゲットした実績ないんですよね・・・。

来年は絶対に音楽で養分を摂りたいと思います。

 

12月仙台通院。

今日の通院をもってして病気休暇取得となります。

しかし、よくよく数えたらあと二週間弱という。あっという間に終わらないように気をつけないといけない。とか思ってしまうことにも気をつけないといけない。

 

「休む」ことは難しいことです。

うつ病という病と得たことによって、「頑張る」という言葉が自分の辞書から消えた。

大いに困惑しました。では、何をしたらいいの。何もできない。私はそこまで仕事人間だったんです。自分を限界まで追い込むことが「頑張る」ということだと思っていました。それは「自傷行為」だと秋田の主治医から言われて、「あ、そうかもしれないな」と気づいたはいいが、それに代わるものを未だ見つけられないでいます。どこまでアクセルを踏んでいいのか、まだ分からない。

周囲の人から見て、私がうつ病であることは全然わからないそうです。

私は特に自分の精神障害については隠してはおらず、出来ることはやります、でも無理なことは助けてと言います、というスタンスでいます。

その、「出来ること」のゲージが常に100%になる重さの仕事が来る。そしてなんとかこなしたら何故だか仕事が仕事を呼ぶ。常に崖から落ちるギリギリをキープ。

そんな一年でした。

4月から8月までで5キロ以上痩せました。なんか今も痩せ続けてる。

長年服用していた抗うつ薬を切ったから体重が戻ったのか、(浮腫みが酷かった。足の裏がぷよぷよするくらいでした)はたまた体調の悪化か、分からないけど、年取って痩せるとなんか貧相に見えますよ・・・。

 

今日も、仙台の主治医に「秋田へは行かんのか」ということを問われました。

仙台の主治医は、積極的に治療方針を変えようとまでは踏み込んでこないです。

秋田の主治医の紹介で今の仙台の主治医にかかってるんですが、いやあ、どうしたもんかなあ・・・。

2018年音楽との出会い

2018年は体調を崩しがちで、音楽そのものが聴けない時期も多かったのですが

それでも新しい出会いはありました。新しい音楽で心にバチーンとハマるものと出会った時の喜びは力になります。少しですが振り返ります。

1 Hei Tanaka「やみよのさくせい」

唯一と言っていいほどライブに駆けつけられたバンド。フロントマン(なの?)がベースというのも、サックス三本に技術はこれからのドラマー(でもそこが味)、安定のギター小鳥美術館の館長(早く新譜を)というデコボコメンバー。とにかくライブが楽しい。カクバリズムに所属し、「やみよのさくせい」という8インチ発売。レコ発ライブに行きました。ドラムが上手くなって、だいぶバンドサウンドになっていました。音楽ってのは不思議なもので、ガッチリテクを持っている人には出せない隙間がまた味なので、上手くいったリハの際に(B)田中馨が「今のは全部忘れて」と言ったってのわかります。「やみよのさくせい」は、レコードで聴くより断然ライブです。動画はまだないっす。代わりに鉄板のこれ。


Hei Tanaka 純主観シューター(ズ)Vol.2 コテツ/小暮哲也

2 ジェニーハイ「片目で異常に恋してる」

ゴシップには興味ありません。indigo la Endはたまに聴くけど、ジェニーハイには度肝抜かれました。なに、この新垣隆さんの神がかったピアノを最大限に生かすこの曲とアレンジは。「才能は消せない」のキャッチフレーズには深く頷くしかありません。芸人さんの演奏技術を頭に入れてこれだけの完成度をもつ曲作りをしている川谷絵音に敬意を表します。「ジェニーハイのテーマ」の新垣さんのへっぽこラップも味ですが、リリックに心撃ち抜かれます。「おれはもうゴーストではない ゴーストではない」


ジェニーハイ「片目で異常に恋してる」

3 サカナクション「グッドバイ」

ベストアルバム「魚図鑑」が発売になりましたね。特装版を注文しなかったことを悔やんでおりますがかさばりそうだから・・・。ということで、サカナクションを聴き倒してる時期がありました。中でも、「深海」のディスクにある「グッドバイ」は何度聞いても痛みと希望が同時に芽生えます。来年のツアー、片隅で見られたらいいな。


サカナクション - グッドバイ (MUSIC VIDEO)

4 星野源「アイデア

私は SAKEROCKファンでしたが、歌う星野源はあまり聴いてこなかったんです。ポップスター、アイドル源さん。タイアップ曲の数々。よく知らないとアイドル。星野源がこのままで良しとする筈が無いような。でも、「アイデア」でパーンと自由になった気がしたんです。これは星野源だ。「今までボツになってきたアイデアを弔うため」と喪服で歌うMV、テレビ向けじゃない曲の構成、星野源じゃないですか。「POP Virus」も買いました。聴き込み中です。いろんな音が入ってますね。自由に、変な曲を作っちゃってほしい。絶対それは前向きだから。


星野源 - アイデア【Music Video】/ Gen Hoshino - IDEA

5 ゆず「マボロシ

曲より先に、この曲が主題歌だったドラマ、NHK昭和元禄落語心中」にやられました。でも、疲れてしまってドラマは切れ切れにしか見られなかったので、これからオンデマンドで一気見しますね、絶対。ゆずはアコースティックツアーが発表されましたね。私は「すっぴん」時代のゆずが好きで、「栄光」とか「夢」とか曲が壮大になり始めてしばらく聴いてはいなかったのですが、この「マボロシ」は美しく儚いメロディーとハモりは誰も真似できないです。生きる喜びと苦しみ、憎しみと愛しさ、哀しい人間の業。ドラマの世界とリンクしている。岩ちゃんの高音!悠仁のハモり!


ゆず マボロシ 歌詞付き

 

やっぱり自分の音楽の世界はどんどん拡げていきたい。

計画的な病気休暇

明日から病気休暇に入ります。

先月の毎月恒例通院記事が書けなかったのは、(特に待ってる人もいないけど)

11月はこの一年の忙しさの総まとめのような職務上の多忙、ストレス、重圧、重ねて遠いところに住む親族の金銭トラブル(ざっくりいうと、うちの母に数百万単位の借金の肩代わりをしてと泣きついてきた)という情けない事件が重なり、抑うつ気分に加えて、身体的な症状(後頭部あたりのひどい頭痛と吐き気、耳鳴り)がひどく出ていました。緊張性頭痛と言われていたのですが、投薬ではよくならず。

 

このままではまたダメになってしまう。途中で強制的に職務から離れないとまた悪化の一途を辿っていく。カレンダーとにらめっこして、その時から計画していた病気休暇を明日から取得します。

仙台の主治医からは、「大変な時期が終わる見通しがあるならね」(いいのか?)と言われていました。こういう自分の体調の見通しをもてるようになったのは、患者としての成長か、症状の改善か。

 

仕事は一番多忙な時期をなんとかやり過ごし、カネは信頼できる人と連絡を取ったり当事者に牽制のパンチをいれたのち、専門家に委ねることができ、痛み等の身体症状は治っていったのですが、抑うつは去らず。

 

とはいえ、祝日なんかも加えると二日前から休んでいるのですが、12月半ば頃から「あともう少しだ」と思うと緊張の糸が切れたのか、ずっと体調不良が続き、最後の勤務日は中途退場、のち二日寝込んでいました。

 

今日、クリスマスイブ、やっと人間に戻った。

と思ったら、起床した途端、やり忘れた大切な仕事に気付いた。最後の日、いっぱいいっぱいになって逃げるように帰ったから。

祝日だけど本当にすみませんと朝から奔走してなんとか解決。でもうつ戻る、やり直し。でも、おかげさまで世間のクリスマスの賑わいに少し触れました。

 

でも、今日はまともに音楽が聴けるようになりました。

今年は、夏前から音楽が聴けなくなって本当に参りました。

耳に音(声や言葉)を入れるとうつの症状が酷くなるどころか、酷く疲れるのです。

インストばっかり聴いてた。テレビもミュートでニュース見るみたいな半年。

スピッツのゴースカも行けなかったくらいです。もう、半年ライブに行けてない。

 

明日から、少しでも脳を戻せますように。

 

私は仕事から離れると症状が改善していくのです。

でも、恐れているのは、うつが再び極期のように悪化して、仕事できなくなることです。強制的に主治医に病休を命じられることです。

なんでしょうか、この矛盾は。

もちろん、極期の地獄も二度と味わいたくないですけどね。

明日は12月の通院日。

クリスマスイブは、志村さんがこの世からいなくなってしまった日です。


フジファブリック「茜色の夕日」富士五湖文化センター