asagitti's blog

うつを,くらしを,音楽を,ファッションを,ゆるり,ゆるりと。あと猫。

ワークライフバランス

ワークライフバランス

字通り,「仕事と生活の調和」について。

 

日本で言うところの定義,内閣府が提唱しているそれについては「へっ」ということで,おわり。いいね,理想的。

 

そうではなく自分自身のワークライフバランスについて,最近考えさせられます。

 

前述の記事でも触れたように,私は医師にも「仕事しているときにはセロトニン出っぱなし,仕事終了と同時に終了~」となる問題点を指摘されていました。

朝支度をして仕事に行く。出勤したとたんスイッチが入る。戦闘モード発動。傍目にはうつ病とは微塵も感じさせない。やることはやる。帰宅と同時に弛緩。家事ができない。人が多いスーパーには行けない。休日は寝込むことも少なくない。そんな毎日を過ごしています。

多少なりとも「こりゃおかしいぞ」という自覚はあるので,仕事はどんなに忙しくとも自宅には持って帰らない(一年に数回の大繁忙期を除く)という努力はしているつもりなんですがね。

医師には,診断書に「過剰に仕事に打ち込むことで抑うつ症状を押さえこみ」という一文を書かれました。(本物はもっと専門的に記載してありますが)

「自分を罰するように生きているように見える」とも言われました。

私自身はそうは思っていないのですが。

でも,「ワークライフバランス」が上手くいっていないことは確か。

 

8月に入り,昨日までですから,6日間休みをとったのですが,ほぼ寝込んでいました。昨日は一日眠っていましたね。で,今日は午後から出張。頭が切り替えられるか不安でした。

案の定午前中は体が固まり,休み。さて,午後の出張。

喋れました。

私自身の実践について質問をいただいたこともあったのですが,まるで今日一日普通に仕事してた人みたいに,喋れました。我ながら呆れます。

しかも,今なお仕事モードがoffにならないのです。それは,また寝込むことを意味します。

止まれ,セロトニン

 

決して褒められたことではない。

正常な(?)ワークライフバランスがとれない。

それは,そもそも仕事が私に荷が重すぎるのか。ずばっと言えば適性がないのか。

それは否定できないが悲しいなあ。

 

戦闘モードの時には抑うつは来ません。だから,戦闘モードイコール体調が良い,そう思っていた時期もありました。

でもそこから転じて,自分に問題意識を強くもてるようになったことは成長かな。主治医のおかげです。

医師に報告,メモメモ。