asagitti's blog

うつを,くらしを,音楽を,ファッションを,ゆるり,ゆるりと。あと猫。

草野マサムネさんの急病について。

SPITZ JAMBOREE TOUR 2013-2014 “小さな生き物”』

草野マサムネさんの体調不良(急性声帯炎)のため,広島公演二日目,及び神戸・大阪公演が延期になったスピッツ

 

心配しておりました。

広島公演一日目では,声の調子があまりよくなかったとの話も聞き,心配でした。

オフィシャルサイトでの告知はありましたが,メンバーから直接のコメントがあるまでは待とう,と決めていました。

今日,「トンガリヴィレッジ」にてマサムネさんと田村さんの言葉を見て,思うところを書きます。とはいっても月並みな言葉ですが,

 

スピッツのメンバーに代わりはいません。

マサムネさんのヴォーカルも,もちろん田村さんのベースもテツヤさんのギターも崎山さんのドラムも(順不同!)代わりに同じ音を出せる人はこの世に一人としていない。

ライブにかけるプロ意識の高さも常々感じます。

だから,今回のことで,むしろメンバーの心痛を思い,心が痛みました。

 

ライブを楽しみにしていたお客さんは気の毒だし,

やっぱり「またか」という声も聞かれましたが・・・。

 

マサムネさんは「気を引き締めて完治させる」と,

田村さんは「失ってしまった信用と信頼」と,

そんな言葉を使ってらっしゃいましたが,

 

ある程度キャリアを積むとリリース間隔が開いたり,ライブも少なくなったりするアーティストも多い中,

これほどの高いクオリティの音源を出し(しかも進化し続けるのです)

そしてそれをまた上回るライブをしてくれるスピッツですから,

待ちます。

 

安心して休んでほしいなあ。

 

かくいう私は,自分の体調不良で仙台公演に行けませんで

案の定,その余波で一時的にスピッツが聴けなくなっていましたが,

今,聴きこんでいます。

「小さな生き物」

スピッツのアルバムはよく「スルメ」と言われ

ちょっと聴いた感じではポップなメロディーだね,と終わってしまいそうでいて

聴きこんでじわじわ中毒になる感じなのかなと思いますが

「小さな生き物」は初めからガツンと心に来て,

また聴きこんでみて染みわたるものがあり,という傑作であります。

 

 

小さな生き物

小さな生き物