読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

asagitti's blog

うつを,くらしを,音楽を,ファッションを,ゆるり,ゆるりと。あと猫。

スコティッシュフォールド 若葉の 骨瘤 ②

LIFE cat

うちの飼い猫、スコティッシュフォールドの若葉。骨瘤の具合ですが、やはり進行が見られます。只今6ヶ月になりますが、こんな感じです。

f:id:asagitti:20140221183740j:plain
後ろ足を見ていただくと分かるかなと思いますが、関節から足先までが膨らんでいます。軟骨の異常形成です。また、しっぽも、付け根あたりから少し曲がっていますが、これは付け根あたりの骨がすっかり硬直してしまっています。若葉は、普通の猫のように自由にしっぽは振れません。
後ろ足の足先を拡大してみました。
f:id:asagitti:20140221184240j:plain
足先がグローブのように膨らんでいます。病院に行ったとき、これがスコティッシュフォールドの骨瘤だよ、と院長さんが研修医さんに見せていました。典型的な症状のようです。
 
痛みはやはりある様子で、たまに後ろ足を引きずっています。運動量も少なく、普通の猫であれば行けるような段差もダメ。かと思えばダッシュしまくっている日もあるので、どこまで痛みがあるのかは本当に本人に聞いてみたい(´Д` )
キャットタワーのようなものは嫌いで、遊びといえば、寝っ転がったまま前足でチョイチョイといろんなものを転がしたり、かじったりして遊びます。一枚目の写真は、コンビニデザートのスプーンをチョイチョイしてますねー。
ただ、柔らかい足場は少し楽なのか、ソファの上を動き回っています。
 
上下運動が出来ないならせめて広い場所を歩き回れるように、と飼育環境を実家に移しました。私の狭いマンションよりは結果良かったようで、いろいろと歩き回ってお気に入りの場所を見つけています。何より、ウチの母が若葉にメロメロσ(^_^;)溺愛してくれることが、実家に引っ越しの決めてとなりました。
 
さらに、鼻の中の軟骨も、何らかの異常がでているようで、鼻水をしょっちゅう垂らしています。
喉をゴロゴロ鳴らすこともなくなりました。仔猫時代はしょっちゅうゴロゴロいってたんですけどね。代わりに、プキューとかキュルキュルとか言ってますね…。それが痛みのせいなのか、呼吸の具合なのかはわからないです。
 
今は実家への引っ越しに伴い動物病院を変えましたが、やはり痛みが酷くなったら痛み止めを打つ治療しかないのは同じ。気休め程度のサプリメントを処方してもらっています。
 
と、こんな感じの若葉です。
骨瘤を発症することが運命だったならば、そんな若葉と出会えたのも運命。受け入れて付き合って行きます。
f:id:asagitti:20140221190705j:plain
キリッ。
 
今はこう(笑)
f:id:asagitti:20140221191209j:plain