読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

asagitti's blog

うつを,くらしを,音楽を,ファッションを,ゆるり,ゆるりと。あと猫。

キセル12/3LIVE@黄金町試聴室

http://instagram.com/p/wI6uO6pbDD/

キセルの約4年ぶりのアルバム「明るい幻」の発売記念LIVEということで、発売日の12月3日に、黄金町試聴室での発売記念LIVEにいってきました。

 

このLIVE、確か告知が突然アルバム発売日の三日前、申し込みがLIVEの二日前だったかな、とにかく突然だったのですが、タワーレコードのインストアイベントの日程では行けないな、ミニライブも無理だな、としょぼぼぼんとしていた私にとって渡りに船。張り切って申し込み、がんばって行ってきました。

行ってよかったです。Ustでも配信されたのですが、現場はすごくアットホームでした。

お客さんも20人弱、思い思いに音楽を楽しむ人ばかりでした。

 

ust配信ということで「明るい幻」の曲を、長い曲はカットしつつ曲順通りに演奏していくというLIVEでした。(「絵の中で」は聴きたかったなあ)メンバーはキセルの兄弟2人だけ、つまりギターとベース、とヴォーカル、あとリズムボックスとかミュージカルソウとか。私はこの2人アレンジが大好き。(バンドアレンジもいいけどw)穏やかで伸びやかな声が一層引き立つ感じがします。

ちょっと緊張している兄弟を見て、お客さんも密かに応援!の構え。無事ust配信が終わると、何だかお互いにほっとしたような気がしました。

配信後のアンコールは、多分ベガとピクニックだったかな。

ベガは聴かずに帰れない。ピコピコ音のない、ベースとギターだけのベガでした。

 

今回のLIVEでは、座席(普通の椅子)がぎゅうっと詰められていて、1列目なんてほんとキセルの二人の真ん前だったのですが、今回は敢えて1列目に座ってみました。指の動きとか、足下とか見てみたかったんです。(私の後ろの子は、音が悪いから、とちょっと後ろを選んでいました。なんかこういうのもいいです)

 

チケットは「預かり」ということで、私はチケットを受け取ってから初めての黄金町を探検しようとopen2時間前に黄金町試聴室に到着したのですが、なんとチケットは開場の際渡すとのこと(涙)近くにカフェなんかもなく、試聴室の前で待つはめになりました。寒かったけどガラス張りの建物からリハーサルの様子が見えたり聞こえたりするし、リハを終えてごはんに行くキセルの2人が「どうも」と普通に目の前を通って行くし。寒いのは置いといて退屈はあまりしなかったです。

 

体調はあまりよくなかったのですが、満たされました。

全国ツアーが楽しみです。

 

ちなみにこの「明るい幻」というアルバム。

作詞に苦労したそうですが、キセルならではのメロディと、選ばれた簡潔な言葉が胸に刺さります。私は一曲目の「時をはなれて」が好きです。って何だか小学生の作文みたいですみません(^_^;)

 

めぐる季節に狼狽え(うろたえ)ながら

辿った声は風にほどけたまま

願わくば始めから

この夜の畔(ほとり)で

 


キセル『明るい幻』予告編 - YouTube


ちなみに、ライブの翌日秋田で診察だったので、2日で仙台→横浜黄金町泊→秋田→仙台、と動きました。さすがにその後3日くらいはダメでした。

でも無理した甲斐はあったのだ!