asagitti's blog

うつを,くらしを,音楽を,ファッションを,ゆるり,ゆるりと。あと猫。

欠落

私の「幼少期から児童期、思春期」はすっぽりと欠落している。

思い出したところでろくでもなく、嘘にまみれ、否定と暴力にまみれ。

私は10代後半にそれは「なかったもの」と決めた。

 

このことを、今の主治医以外に言ったことはない。

言葉にするとあまりにも三文小説風で、ありえないことで、嘘にしたって陳腐だ。

 

そんなことは他人に言ったって伝わらない。

 

私は本当に辛ければ辛いほど人に助けを求められない。

そういう生き方が常となった。今も治らない。

そんな生き方がチリも積もれば山となり、今はうつ病だ。

 

「なかったもの」とした存在は「父親」。

純度100パーセントの憎しみは人を殺す。

肉親に関しては、「憎しみ」を抱えた子供の方の心が死ぬ。

人間とはそういう仕組みで出来ているらしい。

憎むってのは、「存在」があるから。

憎む対象の存在を強く意識しているから。

私は父親の「存在」を認めない。

だからなんの感情も抱かない。

 

父親が死んだと聞いた時、私の心は少しも動かなかった。

不審死だろうが自殺だろうが知らない。知ったことか。

おそらく死ぬ少し前に書いたんだろうな、手紙が来た。

内容は支離滅裂だった。私の年齢を間違っていた。ポストに入ってるチラシとおんなじ。

 

そういうふうに決めて生きてきたのに、

それが私のうつ病の根底に流れる「PTSD」になっているなんて、なんて皮肉なんだ。

 

未だに父親の夢を見ることがある。

目覚めて、「ああ、あいつは死んだんだ」と安堵する。

私の人生はそんなもんだ、

でも、そんなものは誰にも見えない。きっと誰にも言わない。

 

一つだけ父親の影響と思われるものが私の中にあり、

書籍だけにはお金を惜しまない。何も与えられなかったが、本だけは好きなものを買ってもらえた。

でも感謝などしていない。それ以外の全てを何度も踏みにじられたから。

死ね、この血統よ。