asagitti's blog

うつを,くらしを,音楽を,ファッションを,ゆるり,ゆるりと。あと猫。

なんとか通院終わり

昨日今月の秋田への精神科通院行ってきました。

お盆で実家の母がいないので、寂しがり猫のために弾丸日帰り通院。

 

今年は私にとっては試練の年でして、どうしても受けなければならない研修と職務上必要な研修が連日重なり、かつ出張&通信制大学のスクーリング(これは致し方ないのだが)などなどがあり、つい先日までフル稼働な状態。ようやく休みに入れたタイミングでの通院でした。今年はまとまった休みはなし。

 

しかしながら、経験上、忙しいときよりも、それを乗り越えて期間を置いてからどっと負荷が脳に来るのが常なので、主治医に話すべきことができるのは少し経ってからだな・・・と思いつつ秋田についたら、なんか患者の回転がすごい早いぞ・・・

はい代診の先生でした。

代診の先生に話すべきことは・・・無いので(失礼かしら)同じ処方で終了。

 

しかし、困ったのは次の予約が、秋田の祭りカレンダーと私の仕事カレンダーと国民の祝日と、が合わないので確定できない。

ホテル取れない。仕事を終えて新幹線日帰りは、仕事の進行具合から無理そう。ホテルか新幹線取れる日は仕事休めないか病院休み。

薬が持つだろうか?!

東日本大震災の時、津波で当時通って居た病院が被害を受け、うつの薬が全くなくなった時の恐怖が色濃く残っているのです)

主治医でしたら、いろいろぶっちゃけて相談できるのですが、困った・・・

ここでプチパニック①

困りながら帰路につくべく秋田駅についたら、あれ、不穏な雰囲気

切れ切れに聞こえるのは「線路で」「煙が」

はい、こういう時にスマホのバッテリーが切れるのが私

ここでプチパニック②

(家に帰って地方ニュース見たら、秋田駅の線路の枕木が燃えたらしい。ほんと秋田のニュースは同じ東北の仙台ですらわからない)

 

一人でうろたえたり、持ち物を何度も無くしかけたりばらまいたり

(注意力が極端に低下している時の一例)

みるみる抑うつになっていくのでした・・

 

ここで気がつきましたのは

 

ああ、私は「最近うつが良くなってきて社会復帰してる」のではなく、

この私の脳がなんとか処理できる程度に、スケジュールをルーティン化してやり過ごすことを数年かけてなんとか身につけ、(何年かかってんだい)

主治医を始め、助けをもらいながらようやくやってただけなんだなということ。

 

不意の出来事や想定外の事態は、きっと同じ病気の人にはわかってもらえるかと思うが冗談抜きで本当にきつい。

しかし想定内のことなんてそうそう続かないよね。

だから私は手帳持ちなんですわ。

 

真実に気が付いたからといってどうしようもないわけだが。

 

今日は家でごろごろ、明日もごろごろ、そしたらこの夏の唯一にして最大の楽しみ、キセルパスカルズのライブだ。

そのあと、間髪入れず怒涛の仕事ラッシュだからね、体調がどうなるか。

どうにかなった頃に次の通院だ。


たま あの娘は雨女

パスカルズつながりで「たま」ばっか聴いています。

柳原さんはいないけどねえ。