asagitti's blog

うつを,くらしを,音楽を,ファッションを,ゆるり,ゆるりと。あと猫。

秋田通院おわりでした

秋田では様々な催しがあったらしく、どこにも宿泊できずに日帰り弾丸通院。

秋の秋田はいいとこだらけだものね。

今日は、今はうつの症状で困っていることはないこと、

(前回追加された眠剤の存在が安心感をもたらしている)

あと人間ドックで「卵巣腫瘍」と2年続けて診断されたのが、

精密検査に行ったところ「薬をたくさん服用しているせいで、排卵がうまくできていないため黄体化しているが、悪性ではない」と言われたことをお話してきました。

一体どの薬のせいなのかは分からず。

まー歳とったせいもあるだろう。と自分では思っている。

 

精神科の主治医の先生に「減薬してみる?」とさらっと訊かれたけど、

(出産できない可能性などもお考えになられたのだろうが、きっと私はそういう道はもう歩まないと思う。そういうふうにできている。)

いえいえ、いま「辛くない」からこのままでいたい。とお話しして処方は変わらず。

「辛くない」のか「そこそこ辛くない」のかは、実はもう分からないんだけど、

悪化させることなんて維持することの100倍くらい容易なわけだから、

信頼する主治医の先生にお任せする。

 

帰りに、調剤薬局に寄って、たまたま置いてあった「うつヌケ」(田中圭一作品他)

を途中までペラペラ読んだ。漫画なので簡単に読めた。

話題になった本なので、存在は知っていた、が、手に取らなかった。

最初に抱いていた印象の通り、やっぱ私との共通項はなくてへこんだ。

社会への啓発にはなるんだろうが、うつ病抑うつ症状や大うつ病やなんやかんやも)を一緒くたにして「自己肯定しようぜ!」「森田療法だぜ!」なんて言われたらもっともっと追い込まれる人は多かろうな、という印象だった。

そういや何年も「気分転換しなよ!」と言われては傷ついていたっけな、ご飯も食べられない時期に、と少し思い出した。

 

まあ、私は私なのでそこんとこはいいのさ。

帰りはこの曲が頭の中を流れていた。

ユニコーンのアベさん50歳生誕祭の曲。

1から50までゆっくり。

一年ずつ思い出し、これからも一年ずつ歳をとる。

何も消えないが、積み重なっていくのだ。


abedon50祭 山形  50/50  ユニコーン   live