asagitti's blog

うつを,くらしを,音楽を,ファッションを,ゆるり,ゆるりと。あと猫。

猫に噛まれた時の 処置と治療 猫の咬傷③

5回目受診

今朝の自己洗浄を最後に、膿がほとんどでなくなりました。

腫れも少し引き、包帯がちっちゃくなりました。

https://www.instagram.com/p/BepzFKEAygr/

1回目の治療時と比較。

https://www.instagram.com/p/BefWPZFgcen/

写真が影になっていて申し訳ないのですが、下の初診時には小指の付け根部分まで腫れ上がっているのが、今は指先が腫れているのみです。

 

今日の診察では、指先を貫通したナイロン糸を「痛いですか?」とぐいぐいされた時はそれは痛かったですが、後を引く激痛というほどではなく、膿もほぼなし。

 

そのため、次の受診は来週頭となりました。

わーい、連日の外科通院からの解放ー!(溜まった仕事が捗るぜ 涙)

次の受診で状態が良ければ、指先を貫通しているナイロン糸をぬくそうです。

嬉しいけど痛そう。そして土日は傷口を洗浄しながら過ごすのかあ。

 

今日は念願叶って痛くするけど丁寧な若い医師でした。

何度も、「猫は怖いですよねー、猫に咬まれた傷は怖いですー」とおっしゃるので、

「一応猫も反省してしおらしくしてます。」というと、

(上の写真の、浮かない表情が結構w)

「それは、いい猫です!」とのこと。

曰く、「5回も6回も、猫に咬まれて受診する方がいます。猫なんとかならないかと思ったりするんですけどねー」ですって。

 

・・・気をつけよう。