手を伸ばす前のまわり道

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

10月仙台通院。

今月は、「何もそこまで」というくらい、仕事量や人間関係のストレスに四苦八苦した月でした。

9月下旬で「何とか一区切り」と思っていた仕事や研修。

次、次、と遅れを取りながらもなんとか見通しを立てていたものが、一枚のレポートを深めてたくさんの方々の前でプレゼンしなければならなくなったことになったことを皮切りに、(代表指名されたのだが、名誉と思えないのは私がそういう役職に向いていないことの証であろう)

 

担当者というだけで組織と組織の齟齬から生じる憎悪に巻き込まれたり(感情をぶつけられたりしないよう、細心の注意を払って生きてきたというのに)

 

丁寧に言えば大変残念なことに、正直に言えば大変馬鹿なことに、「教祖のオバサンの名を唱えれば魂が救われるという類のベンツの名前の新興宗教」に取り込まれた親類が自分らでは一生かかっても到底返せない額の借金を、自分と自分の子供4人の名義で限度額ぎりぎりまでしており、(親類が考えられる手口ではないので、それを吹き込んだ人物は本当の悪者である)

それをなぜか私の母に全額肩代わりせよと「家族での話し合いの結果」として伝えてきたため、鬼の心で介入せざるを得なかったり、

それに伴う心労で何もできなくなってしまったり、で。

 

今はひどく肩が張って頭痛がする。吐き気も伴うから緊張性頭痛というのは本当なのか。何も書けないし何も描けないし

 緊張を緩和する薬は副作用で口の中が乾くし、湿布にまけて両肩がビンタくらったみたいに赤いぜ。

 

心を大きく動かさないように本当に気をつけてきたのに。

 

という事実を短く精神科で話してきました。

気を張っているのか精神症状は目立って出ておらず、今は身体症状のみ。

精神科の処方は変わりませんでした。良いんだか悪いんだか。

仙台の先生は、秋田の主治医のことを必ず尋ねます。

それは医師同士がわかる大切なことなのかな。

 

今週は、会議、会議、絵を描く仕事、文章を書く仕事、通常業務。

見通しが立たないが、とにかくどこかでやるしかない。

私なんか悪いことしたんかいな。

 

来週は身体疾患の細胞診の結果が出ます。

それさえ何だか麻痺した感じで迎える。

そんな今なのでした。