asagitti's blog

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

2018年音楽との出会い

2018年は体調を崩しがちで、音楽そのものが聴けない時期も多かったのですが

それでも新しい出会いはありました。新しい音楽で心にバチーンとハマるものと出会った時の喜びは力になります。少しですが振り返ります。

1 Hei Tanaka「やみよのさくせい」

唯一と言っていいほどライブに駆けつけられたバンド。フロントマン(なの?)がベースというのも、サックス三本に技術はこれからのドラマー(でもそこが味)、安定のギター小鳥美術館の館長(早く新譜を)というデコボコメンバー。とにかくライブが楽しい。カクバリズムに所属し、「やみよのさくせい」という8インチ発売。レコ発ライブに行きました。ドラムが上手くなって、だいぶバンドサウンドになっていました。音楽ってのは不思議なもので、ガッチリテクを持っている人には出せない隙間がまた味なので、上手くいったリハの際に(B)田中馨が「今のは全部忘れて」と言ったってのわかります。「やみよのさくせい」は、レコードで聴くより断然ライブです。動画はまだないっす。代わりに鉄板のこれ。


Hei Tanaka 純主観シューター(ズ)Vol.2 コテツ/小暮哲也

2 ジェニーハイ「片目で異常に恋してる」

ゴシップには興味ありません。indigo la Endはたまに聴くけど、ジェニーハイには度肝抜かれました。なに、この新垣隆さんの神がかったピアノを最大限に生かすこの曲とアレンジは。「才能は消せない」のキャッチフレーズには深く頷くしかありません。芸人さんの演奏技術を頭に入れてこれだけの完成度をもつ曲作りをしている川谷絵音に敬意を表します。「ジェニーハイのテーマ」の新垣さんのへっぽこラップも味ですが、リリックに心撃ち抜かれます。「おれはもうゴーストではない ゴーストではない」


ジェニーハイ「片目で異常に恋してる」

3 サカナクション「グッドバイ」

ベストアルバム「魚図鑑」が発売になりましたね。特装版を注文しなかったことを悔やんでおりますがかさばりそうだから・・・。ということで、サカナクションを聴き倒してる時期がありました。中でも、「深海」のディスクにある「グッドバイ」は何度聞いても痛みと希望が同時に芽生えます。来年のツアー、片隅で見られたらいいな。


サカナクション - グッドバイ (MUSIC VIDEO)

4 星野源「アイデア

私は SAKEROCKファンでしたが、歌う星野源はあまり聴いてこなかったんです。ポップスター、アイドル源さん。タイアップ曲の数々。よく知らないとアイドル。星野源がこのままで良しとする筈が無いような。でも、「アイデア」でパーンと自由になった気がしたんです。これは星野源だ。「今までボツになってきたアイデアを弔うため」と喪服で歌うMV、テレビ向けじゃない曲の構成、星野源じゃないですか。「POP Virus」も買いました。聴き込み中です。いろんな音が入ってますね。自由に、変な曲を作っちゃってほしい。絶対それは前向きだから。


星野源 - アイデア【Music Video】/ Gen Hoshino - IDEA

5 ゆず「マボロシ

曲より先に、この曲が主題歌だったドラマ、NHK昭和元禄落語心中」にやられました。でも、疲れてしまってドラマは切れ切れにしか見られなかったので、これからオンデマンドで一気見しますね、絶対。ゆずはアコースティックツアーが発表されましたね。私は「すっぴん」時代のゆずが好きで、「栄光」とか「夢」とか曲が壮大になり始めてしばらく聴いてはいなかったのですが、この「マボロシ」は美しく儚いメロディーとハモりは誰も真似できないです。生きる喜びと苦しみ、憎しみと愛しさ、哀しい人間の業。ドラマの世界とリンクしている。岩ちゃんの高音!悠仁のハモり!


ゆず マボロシ 歌詞付き

 

やっぱり自分の音楽の世界はどんどん拡げていきたい。