手を伸ばす前のまわり道

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

ほぼ半年ぶりの秋田通院

ほぼ半年ぶりに秋田に通院してきました。

主たる目的は障害者手帳更新のための診断書をいただきに。

平成30年度お世話になった仙台の先生では、これまでの治療の経緯が分からないため、秋田で書いてもらってきてね、と行ってきました。

ついでに、新幹線を使った日帰り弾丸通院をし、2019年度の通院先をどうするか模索してきました。

 

2018年度は、仕事の面で悉く試練の年でした。

秋田への通院は、泊を伴っても無理、という体調でした。

 

来年度はどうやら(楽観的思考ながら)少し余裕をもてる気がしてきたので、

有給を取り、疲労回復の予備日も設けつつ、日帰り通院してみました。

どうにか行ける気がしてきました。

もちろん、交通費はネックとはなりますが、いつか寛解を迎える日をのんびり夢見て、秋田での通院を再開することとしました。

 

仙台での通院も、なにも不満はないのですが、(交通費が高額にならない!)

強いて言えば平日しかやっていないので、有給がどんどん減ること、

あとはここまでの治療歴をよく知ってくださる先生に診ていただくことが、もう一度必要だと思い決めました。

時間的に無理なくかかれる自立支援医療適用の薬局も見つけられたので、やってみます。

 

今は、年度末〜年度始めの変化と忙しさにより体調はあまり良くないですが、

こういうのも、毎年恒例ね、と受け止めることができるようになり。

 

秋田は思ったより暖かかったです。

 

秋田の主治医は「おお久しぶり」と迎えてくださいました。

なんでか「早く治さなきゃな」と思いました。

明日をもって平成30年度終わり。

来年度はどうかいい毎日になりますように。