手を伸ばす前のまわり道

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

平成から令和へ。

元号などに興味はないし、それが私のなんらかの区切りになるとも思えないが

私は昭和の終わる頃、生まれ故郷の北海道を離れてここ仙台に来た。

 

誰よりも大切な、親代わりとも言える祖母、祖父と離れて。

「ばあちゃんに会いたい」と泣いてばかりいた気持ちは、今でも私の胸の中にいる。

 

私にとって「平成」は・・・苦しかった。

学校では絵に描いたようないじめに遭い、

そこを離れれば家庭内の問題で何度でも踏み潰され、行くところなどどこにもない。

 

環境が変わっても、進学しては吹っ飛ばされ、奨学金を受ければ罵倒され、大学受験票は一度捨てられた。父方の祖母の言葉は、今思えば認知症の症状だったんだろうが、「あんたなんていなければよかった。」

でも、学校や社会では「悩みがなさそうでいいね」そう言われる歪んだ子供時代及び青年時代。いつの間にかそういう生き方しかできなくなってたのだ。

 

肉親への憎しみは深いほど同時に自分の心を殺す。

人間は生まれながらにそうできているようだ。だから、私は幼少期の記憶の一部を自分で消去することとした。だから、悲しくなどない。

 

よくわからない表現で申し訳ないが、私にとって、北海道を離れてからの日々は、苦しかった。でも、負けないと決めていた。左右されてたまるものか。

今でも夢に見て、何度でも関係者がこの世にいないことにほっとするというのに。

 

今は、そこのところが私の「 PTSD」及び「うつ病」の根っこだと理解しているが

人は生まれ直すことはできないから。

 

精神科のお医者さんに生育歴をお話しした時、「なんでグレなかったの。なんで道を踏み外さなかったの。」と聞かれて「音楽」と答え、半ば呆れられたがそれは本当。

音楽を聴いている時だけ泣くことができたのだ。

以下。これがなかったら私はここにいない音楽たち。

 


たま 石川浩司転落事件 さよなら人類

 


スピッツ / 青い車

  


ここで確かに / AIR

 


〝永遠なるもの(管弦楽器編)〟 中村一義

 


望みの彼方-GRAPEVINE

 


SUPERCAR - PLANET (LAST LIVE)

 


フジファブリック (Fujifabric) - 若者のすべて(Wakamono No Subete)

 


[LIVE] TMGE - CISCO~G.W.D.~中断 (FUJI ROCK '98 in TOKYO)

 


陽はまたのぼりくりかえす DragonAsh kj泣く。ちゃかす馬場さんも…

 


ベガー/キセル

 

挙げればきりがないのでこのくらいで。

上等なものでなくていいので、新しい時代が本当に来るならば、平穏に。