手を伸ばす前のまわり道

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

Hei Tanaka 1stアルバム「ぼ〜ん」リリースツアー「ぼ〜んツアーだい!」仙台編2019.5.2@CLUB SHAFT

https://www.instagram.com/p/Bw9yog_lELk/

Ray-Wa初のライブとなりました。

ずっと東京まで聴きに行ってた Hei Tanakaが仙台に来た!

スニーカーを履いて行かなかったことが悔やまれる。

 

カクバリズムからのアルバムが発売され組まれたこのツアー、ファイナルのワンマン以外は、カクバリズムではなく、Hei Tanakaが地方の各地の音楽関係者のツテをたどり、その土地のバンドと対バンをする、というかたちで組まれたツアーだそうです。

 

仙台では、レコード屋さんがそのかすがいとなってくださり、実現したライブだったのです。ブッキングしてくれたレコード屋さん、すごく忙しそう。そして、それを支える地元の音楽好きの方がみんないい人。自分が前に出るのではなく、仙台の音楽シーンを盛り上げたい一心の人たち。一生懸命私を「ファンの人です」とアピールしてくれたり。素敵な素敵な人の温かさが作ったライブでした。

ライブを支える人と、オープンが押してる間に二人でラーメン食べに行きました。普段はこんなことはしないんです。馨さん隣で「打ち上げどこ行く」と言いながらインスタ更新してたり(角張渉の「渉」の字を普通に聞かれた)、ライブ終わり、終電ギリギリまでメンバーのみなさんとお話したり。不思議な不思議な。あんな演奏をする人たちとこんなに距離を近くしていいんだろうか、音楽の話聞かせてもらっていいんだろうか、不思議な不思議な幸せ。

 

1stアルバム「ぼ〜ん」は、新曲がありながらも、これまで発売されたカセットテープや7インチに収録された曲も編曲されて収録されていました。ライブで吹き散らかしたり弾き散らかしたり(失礼)していた部分が整理されたようなアルバム。ただ、Heiのライブは、その、どこに連れて行くのか分からない加減が魅力だったので、そこんところは少し残念に思っていたりしたのですが

そんなわけはない。

音源をぼ〜んと超えてくるすっごいライブでした。

 

弾き散らかして吹き散らかしてましたが、このバンドはどんどん変わる。

テクニックがどうこう以前に、心にダイレクトにガンとくる、その中身がどんどん深くなる。上手く言えないんですけど、心が音と思いでいっぱいになるような。

 

前回行ったライブでは、ドラムが上手くなったな、バンドとしてかたちになってきたな、と思った記憶がありますが、それがまたうまい具合にぶっ壊されていて、まだまだ進化する、このバンド!と思いました。馨さんの歌が、声が、このバンドになくてはならないものになってる。

 

しかも、ライブハウスではなくクラブなので、メンバーと同じ高さ。バーもない。私は最前で聞いていたので(仙台の人は、後ろに後ろに場所を取ろうとするんですよ、私もそういうタイプなんだけど、ラーメン食べに行った人が「みんな後ろに行っちゃうからもっと前に出ましょう」と言ってくれたので、最前中央マイク前というすごいとこで聴いていました)

サックスのベルから直接生音聞こえるライブだったんですよ。

こんな幸せあっていいものでしょうか。

メンバーも、中央の空間(仙台の人が奥ゆかしく開けた空間)に突っ込んできて演奏してくれたので、馨さん隣でベース弾いてたり(この巧さよ)生音でサックスのアンサンブル聴けたり(上手すぎる)そのせいで牧野さんのギターの美しさに気付けたり、(ライブ後できたお話でご本人も言っていましたが、牧野さんのギターはこのバンドではベースの役割、リズムの要)池ちゃんの味のあるドラムをじっくり見れたり。

なんだか途中で嬉しすぎて泣きそうになるライブでした。

 

改めて、私は音源をライブで超えてくれるバンドのライブが好きなんだ、と強く思いました。こういう音楽をもっともっと近くで聴けると嬉しい。

その願いを体現しようとしているのが、今日出会ったレコード屋さんとその仲間たちでした。最後は、馨さんとメンバーとDjと不思議な曲で不思議なダンスをしてました。ダンスまで誘ってくれてありがとう。ブッキングしてくれた方、支えてくれた方に伏して感謝。

 

うっかりの私は、レコ発ライブなのにまたCDを持って行くの忘れました。

そんな私にメモ帳とマッキーを貸してくれた優しいライブをサポートしてた方、そして不快な顔もせずサインくれたメンバー。(全員にいただくのは失礼かと思っていたのですが、サトウーさんがみんなに声かけてくれました。いい人すぎる)

https://www.instagram.com/p/Bw9znaoFmFb/

明日はまた車で移動しそのまま盛岡でライブだそうです。

ツアーファイナルでは、またバンドも違った形になってそうです。(牧野館長も言っておりました)行きたい・・・・・・・・・・・・・・・。

 嬉しいことに心揺さぶられるのって、本当に幸せです。


Hei Tanaka / やみよのさくせい【OFFICIAL MUSIC VIDEO】