手を伸ばす前のまわり道

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

大学病院受診と11月末秋田通院終わり。

今月も秋田に通院してきました。

 

先月の受診で、地元東北大学病院総合診療科へ紹介状を書いてもらっていました。

主訴は首のリンパ節の腫れと舌の痺れ、止まぬ耳鳴り。

そこからが長かった。

東北大学病院は「特定機能病院」患者が紹介状を持っていても「基本的には」医療機関から直接連絡がないと診察予約自体が取れないシステム。

 

それが分かったのが秋田から帰った翌週だったのですが、(大昔大学病院を受診していたのですが、システムまる代わりなのですね)

秋田の精神科の事務さんががんばって何度も病院と勤務中の私(日中電話を取れるのは極々限られた時間)と何度も何度も何度も(∞)連絡を取ってくださり、無事11月の一コマだけ空いていた診察予約枠をもぎ取ってくださったのです。私は「もういいやー」となりかけていたのに。

 

高い塀を乗り越えたら、大学病院は徹底的に診察してくれました。

血液検査、尿検査、レントゲンにエコーと一通り全身を診てくださり、薬を処方され、リンパ節や甲状腺、その他明らかな異常がないことをその日のうちにデータとして出してくれて(後日さらに出るものもあるらしいですが)12月もう一回受診できるよう調整し、さらに耳鼻科、頚部領域の専門科に予約も入れてくれました

うつ病人だから「ストレスですね」で済まされたり、内科耳鼻科外科とたらい回しにあったりしていた私の症状について確定診断をすべく動いてくれました。

紹介元の精神科にも処方した薬の情報が入ってました。

まともに向き合っていただいた病院は初めてなので感謝しかないです。

 

そんなわけで行った秋田の精神科。

11月は、まあ大きな仕事が一段落した後というのもありますが、抑うつ症状が出ることが、なんと「無かった」。大学病院のため休暇を取り、そのせいで残業も結構あったんですが、入眠の困難さも、起き抜けのひどい怠さとうつも、なかった。

帰宅した後、映画やドラマさえ観ることもできたんです。それでも朝うつが出ない。

 

普通。

こういう普通、は何年ぶりだか思い出せない。

そんな日々を過ごしていました。

秋田の主治医からは、「治らないうつ病PTSDもない」と言われました。

実感がないですが・・・。

面白い話を聞きました。

主治医は漢方も結構使うのですが、漢方(東洋医学的?)な考え方の一つとして、

病は下から上に来ると。

喉や耳など、耳鼻科領域の病を経てうつ病などの脳の病気になる。

治る時も然り。揺り戻しのように、耳鼻科領域が揺れて脳の病気が良くなると。

そういう考え方もある、という話を聞きました。

 

私は甲状腺と内耳が悪く、でもそれが明らかになったのはうつ病の診断の後だよなあと思いながら帰ってきたのですが、

思えば、うつ病の診断の前は、腹痛、頭痛、胃痛と吐き気のカルテットが日常の日々を送っていたな、と思い至りました。4つの症状があるのが普通。

今思えば、なんであんな思いをして這うように仕事してたのか謎ですが、その時期自体既にうつ病になっていたのかもしれません。

 

それを踏まえ、主治医には「養生」と念を押されて帰ってきました。

「治ってきた」と言うと、治らないように逆の行動をとる患者もいるからね、と。

それも分かるような気がする。「直ってきた」=「(病前の自分に)戻ってきた」と思いたい自分もいますから。

でも、そうならないよう気を引き締めていかないとなと。

30代という時間を、丸々うつ病PTSDに取られた意味がなくなってしまう。。。

 

ここからは主治医に話し忘れたことなんですが、昨日職務上の緊急対応をしなければならない状況になりました。

その時の対応は結果的にはミスなく終えることができたんですが、

緊迫した時、状況を見る、指示を出す、記憶する、計時する、という多くのタスクをこなすことについて、もう今の自分は出来なくなっていました。

必要最低限のことに注力する力しかないんです。

でも大丈夫でした。落ちた部分の記録は他の人が取っていてくれたのを有難く使わせていただいて、無事応対できました。忘れそうになった物はわかりやすくまとめてくれる人、私の私物を持ってきてくださる人、指示から落ちた部分を補ってくださる人、そのために調整に動いてくださる人。

少し前の自分なら落ち込んだかもしれません。

ようやく人に頼れるようになってきたのかもしれません。

そして、こういう時、必ず次の日寝込むんですが大丈夫でした。

 

少し人間に戻ってきたのだろうか。

スコティッシュフォールド 若葉 2019骨瘤の様子

 

 

https://www.instagram.com/p/B4ZSN3bAsGt/

若葉ちゃんもう6歳と3ヶ月半です。いつまでも子猫気分で抱っこ上等な猫になりました。猫なのに、一番好きなのは抱っこ、一番許せないのはブラッシング。

ヘソ天の状態で腕枕で寝る変な猫に育ちました。

現在も元気にドタスコ走り回っているのですが、なんとなく骨瘤が少し大きくなってきたように思います。

https://www.instagram.com/p/B4cfzOwlZqa/

 不機嫌の極み。

左脚は、走ると床に当たる部分がハゲてタコのようなものができていたのですが、この頃、ハゲ中央の皮膚が薄くなっていることが気になっています。

出血でもあったら嫌なので、サポーターなどできたらいいのですが・・・

子猫の頃から、首輪さえ許されなかったので、もちろん許されませんでした。。。

 

https://www.instagram.com/p/B4cf4P2lpGl/

これまた嫌そうな顔で脚を持たれる

膨らみが大きくなってきたように思います。

【比較】

f:id:asagitti:20140507221320j:plain

いつのか分からんのですが(汗)数年前です。3年ほど前か。

角度も撮り方も違いますが、やっぱり進行はありますね。

 

脚を引きずる様子があって、痛み止めを処方してもらっていた時期、サプリメントを飲ませていた時期はあるのですが、現在は無し。至って元気にドタバタしています。

飼い主の気を引くために、骨瘤の部分を床に打ち付けすごいドタドタ音を出して走るという有り難くない技もマスター。

 

元気なのはとても嬉しいのですが、最近ちょっと気になっているので記録に残します。

特に右脚の骨瘤は、たまにペロペロ舐めたりあむあむ噛んだりしているので、違和感はあるのでしょう・・・。

少し忙しくなくなったら、また全身の健康診断にも行かねばと思います。

サプリ、また始めてみようか・・・。

11月秋田通院終わり。

普段は自宅と職場を車で往復することに終始しているので気が付かなかったのですが、季節は秋になっている。駅で薄手のアウターさえ着ている人がいてびっくりしました。消費税増税前に爆買いしてしまったので、今節制していて街に出る機会がなかったし、毎週末荒天だったし。

 

ということで、秋色の服を着て秋田への精神科通院行ってきました。

 

今月は、元気に過ごしていたつもりだったのですが、ちょっと調子に乗ってオーバーワークになりすぎ、先週2日間ダウン。(複数の同僚にも働きすぎ注意と言われました。反省。でも絵を描く仕事だったので楽しかったのです・・・体力の限界がきた)

 

その際に、首のリンパ節が大きく腫れて外科を受診したことをお話しする。

ちょうど、ぽっこり腫れている時に総合病院に行ける時間があったので行ってみたら、もし検査を受けたいのなら午前中に来て諸検査を受けなさい、と言われたのです。

検査を受けたいならか。受けたくないな、と思っていました。が、

同じところが、いつからかと訊かれると正直分からないのですが、体調を崩すたびに痛みをもって腫れるのと、なんでか喉の部分に違和感があったりする。私はうつの他にメニエール病甲状腺機能低下症もあり、耳鳴りも最近続いているので、一度全身きちんと見ていただけるように、と大きい病院に紹介状を書いてもらいました。

 

なんだかなあ。なんかなあ。また病院かー。

と思いながら帰ってきましたが、ちょうど職場の健康診断で再検査を指示されていたので、(昔から引っかかっては「体質ですね」と言われる血液一般の検査)まあいいか。この際。と思うことにしました。(うちの職場は検診の再検査受診率100パーセントを掲げていてうるさいのです)

 

あとは、仕事と猫が恋人の生活はいい加減やめろとまた言われてきましたよ。

んーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

そんなにこじらせているのだろうか。。。。。。。。。

 

結構自由に楽しくやっている、つもりなんですがね・・・・・・・・・。

 

帰宅して、Amazonプライムで「きのう何食べた?」を見る。

これを見ると料理や掃除をしたくなるしめっちゃ癒されます。

 

耳鳴りだけでも消えたらしめたもんです。

この間、オケの定期演奏会に行ったら、ピアニッシモトレモロより耳鳴りの方が大きくてやだなーと思ってたから。

さあどうなるかな。

10月の秋田通院終わり。

今月も秋田通院無事終了。日帰りにももう慣れた。

最近では、超超超多忙期を終えて多忙期に戻ったので

体調も比較的安定しており、乱高下ない。のでさくっと終了。

先月切った薬が良い効果を生んでいるよう。

断定はできないけど、こういった投薬の微調整を繰り返し、ゆっくり寛解へ近づいて行くんだと思う、あとは私自身が暮らしぶりを整えること。

幸か不幸か甲状腺機能低下症等の身体疾患を合わせ有しているため、定期的に血液検査をしていることも良いようだ。費用はかかりますけどね。

 

秋なのに蒸し暑い仙台を出て秋田に着くと、はっきりと秋の気配を感じる冷たい空気でした。私は札幌生まれ日本海沿い育ちなので、秋田の風はなんだか懐かしく思える。

 

主治医には相変わらずパートナーは出来たかと訊かれるが、

あのね、出来ないのよと100回目くらいの回答をして帰ってきた。

 

今日はこんな曲をリピートして聴きながら出かけた。

レキツ

レキツ

 

 


狩りから稲作へ

完全に天才たちの遊びである。

 

キセル「20th anniversary year of kicell 〜野音でキセル2019〜」2019.9.16@日比谷野外音楽堂

雨上がりの野音キセル。4年ぶりの、野音キセル

https://www.instagram.com/p/B2drDQPlE-2/

雲の間には青空。蝉の鳴く声。夕暮れを経て闇が濃くなると鈴虫の声。湿気を清めるようにときおり吹く風、雨上がりの緑の匂い。

全てがキセルの演奏と一体となった、言葉では表現しきれない3時間となりました。

ステージには緑。日比谷公園の中にあとからぽっかりステージができたみたい。と思って見ていたら、このステージデザインは友晴さんによるものとのことでした。

 

演奏はキセルふたりの「庭の木」からスタート。リズムボックスなし。

てくてく歩いてきておもむろに演奏を始める自然さと、ふたりセットながら音を鳴らしたその時から演奏に引き込まれるその歌と演奏、楽曲の威力。

キセルは20年の時を経て、キセル若木から大樹へと深く根を張り、大きく枝を伸ばしている樹木のようだ、となぜか思ってしまいました。伸びやかな弟の声。ハモリの美しい響き。

 

そこからドラムのゆうこさん、キーボードの野村卓史さん、フルート、サックスの加藤さんとだんだん加わっていきバンド編成での演奏へ。

 

ゆうこさんと卓史さんはおなじみながら、加藤さんの、特にサックスの音は、初めは私ちょっと違和感?とはいかないが引っかかり?は感じていたんですよね。優しい音色でフルートは口笛のような柔らかさだけど、サックスが。初めて聞いたのがさくらホールだったのか。最近リリースされたベスト盤の宅録CDにもサックスの音が入っていたような。でも、このライブは全く引っかかりなく聞けた。むしろ必要だ思いました。

これが、友晴さんの言ってた「体内フィルターをいい具合に通った音」なんだろうなあ。サックスを持ち替えていたことにも気づかなかったくらいでした。

 

ライブは、最近出たキセルのベストの曲(特にDisc2)の色が濃かったですが、それだけではなく、新旧取り混ぜていてそれでいてみんな「今のキセル」。

これがキセルのライブに来なくちゃいけないと私が思う所以で、キセルのライブはどこだっていつだってその時にしかないものなんだよなあ。

一曲一曲、いつでも「終わらないでほしい」と思いながら音を浴びる。

 

個人的には、「鴉」があったのがめっちゃうれしかったです。ニジムタイヨウ!そしてその曲が「明るい幻」や「The Blue Hour」の曲と何ら違和感なく並んでいたのもうれしかったのです。これがキセル

 

ライブ全体がゆっくりしたテンポの曲で構成されていたのも「らしい」。

初回の「野音キセル」は楽曲のテンポめちゃ上がってましたね。常に新しいことを、とゆっくりと進んできたキセル。これが今のキセルなんだなあ。

「時をはなれて」が、リリース時より断然好こなれてる。

 

「今のキセル」は、ゲストとしてエマーソン北村さんが出てきたときも同様。

一曲やってから「昔と同じなのも何だから」的なことを言って、兄さんドラムを叩きながら歌う。それも、ちびっこドラマー(そんなのいた気がする)が使うようなちっちゃなドラムを叩きながら。本人は「CCBか」と言いながら演奏し「なんかわらける」と言っていましたが、エマさんのちっちゃなキーボードにぴったりのやさしいドラムの音。

 

歌いながらドラム・・・斉藤和義?と思ったけどやっぱり違うかなあ(笑)

 

終盤の「ギンヤンマ」や「ベガ」は、やっぱりぐっときました。

終わってほしくなかった。ずっと聴いていたかった。

毎度のことながらステージの照明の効果もずるいじゃないか!

 

キセルのふたりやバンドメンバーを含め、なんかスタッフ全員の「気合い」も感じました。いいライブにする。という気合い。

知らなかったのですが、日比谷野音、改装されていたんですね。椅子が綺麗な木製に。兄さん曰く檜製らしい。ステージの板も張り替えているらしい。(トイレも綺麗に。オリムピック効果?)

 

雨上がりだから、椅子濡れているかなと思ってたら大丈夫。

通路に水たまりが残っていたから、あれはスタッフさんが拭いてくれたのですよね。あのライブを作ってくれた全ての人に感謝したい。あとずっとキセルを好きでよかった、と心の底から思えるライブでした。私が一生聴き続ける音楽の中に、キセルは必ずあるんだと思う。

https://www.instagram.com/p/B2eDI19lqCm/

名残惜しく終演後キセルのふたりに「また必ずね」。

物販、予算オーバーして買いすぎました。兄さんが小豆色(兄さんカラー)のキセルTをアンコールのステージ上で初めて着用。おおっと思ってライブ後買いに行ったらなかったねえ。

https://www.instagram.com/p/B2gKPk8F_6f/

 特典のコースターはピンク。マッチは・・・何に使いましょう?

 

Kicell's Best 2008-2019

Kicell's Best 2008-2019

 

 


キセル / ギンヤンマ(STUDIO SESSION)

 

 

 

 

 

一方で残念なこともありました。

 

整理番号付き全席自由なのに荷物で席取り。モラルの問題。

MC中に大きな声で関係ないことを喋る。敬意の問題。

その人たちがライブの終盤にやったことが、照明で彩られた演奏中のステージをなんども写真に撮ったり、席取ってもらって遅れて入場した人に至っては動画取っていました。揃って手を伸ばしてスマホを掲げていたあなたたち、一体、ここに何をしにきたの?周囲には、人がやってりゃ自分もいいのか、二、三人が同じことをやってました。

カクバリズムのミュージシャンはそこんとこ、客のモラルに委ねている部分が大きいと思う。アナウンスがないのもそういうことなんだろうと勝手に思っている。

関係者がスマホで写真を撮っているのは何度か見たことはあるし。

この特別なライブにわざわざ来て、演奏するキセルのふたりにスマホをかざす。

失礼だなあ、そしてもったいねえなあ。感じられないんだなあ。

 大きな会場ならではのことなんでしょうが。

次の野音は位置どりに気をつけようっと。

 

9月秋田通院終わり。

8月半ばから、2週間病気休暇を取った。ひたすら身体を休めた。テレビもつけないで、たまに音楽を聴いて、夜に少し散歩をして。

 

仕事復帰。1日早く。そしてもともと予定されていたのだが、即日から2週間、激務の台風が来た。

誰かは引き受けなければいけない仕事で、私は大分、病気のこともあって役職等を免除してもらっているから、とても断れなかった。

 

休んでいた間コツコツ自分の仕事ができたらよかったんだが

そうもいかないから休んだのであって

しかし、休んだ分のツケがそのまま自分に返ってくることはなんと正しいことか。

仕事ハリケーンをやっとやり過ごし、来週から自分の本来の仕事をする。

締め切りなどとうに過ぎている。3分の1しか手をつけてない。

 

今は気を張っているからか、朝の抑うつがあまり感じられなくなっている。

 

しかし何故だか、先週から金曜日の午後くらいになると声がかすれてきて、しゃがれ声になって、果ては声が出なくなる。月曜日は声を張れるようになるんだけど。

 

昨日(金曜日)はあんまりガラガラの声で喋ってるから管理職から「いつぞやの勤務の振替とするから休みだ、はよ帰れ」と言っていただいた。ありがたし。

 

今日も秋田に着いて診察を受けるときはしゃがれ声で、今カッスカスの声。

カスカスの声で、スターバックスで注文をすることは難しいことを知った今日(笑)

「ホットのスターバックスラテのトールサイズ紙カップで」

ノンバーバルコミュニケーション大事。

 

喉に少し違和感があるくらいで、痛みや風邪の症状はない。感染もなさそう。

喋る仕事だから喉を痛めた可能性はあるけど、今までこういうことはなかった。

職業柄、喉だけで声を出さないことは身についていると思う。

 

主治医からは、「無理するな、自分を大切に」と「耳鼻科へ行きなさい」を2回。

耳鼻科かあ。診察には相当時間がかかる場所だ。書き物とりあえず手をつけないと。

 

お店で夕食を摂る元気がなかったので、駅ビルのお気に入りのおにぎり屋さんで買って秋田駅に新しくできたきれいな待合室で食べる。

https://www.instagram.com/p/B2GrxBzgfbo/

秋田の「二テコサイダー」と、小ぶりの「いぶりがっこチーズおにぎり」、「チーズ入り焼きおにぎり」半分は持って返って明日の朝ごはん。

 

道中は音楽を聴いたり、Wi-Fi様様でyoutube見たり(ブツブツ切れますが)本読んだり。すっかり長距離移動に慣れてしまったが、帰りの車内の食べ物の匂いだけはどうにも。体調に合わせてグリーン車一回使ってみようか・・・。

 

音楽は大体、iPhoneに入っているのをランダムに流しているけど(容量すごい)その時々で心に刺さる音楽が出てきて面白い。

今日は Yo-King(真心ブラザーズ倉持陽一さん)ソロの「Hey!みんな元気かい」

 

もともとKinKi Kidsに提供した楽曲ですが、セルフカバーもされています。

スピッツ主催の夏のイベント「ロックのほそ道」で数年前に聴き、それ以来、何度もふと頭をよぎっては助けてくれた歌です。


hey みんな元気かい

なんかすごい画質ですけどすみません。でも音はいいでしょ

真偽のほどは不明ですが、闘病している倉持さんの友人に向けて書いた曲とか

 

悲しみの涙で育った大きな木を どこまでものぼっていけば

いつか必ず月に着くだろう そこで音楽を聴いて身体を動かす

退屈にやられないように注意しながら 時間を過ごす

心を揺さぶることはほとんどない

楽しいと思い込ませる

夜はどこからともなく ぼくたちを包みこむ

君は何をしている 雨はいつか止むのかい

Hey!みんな元気かい Hey!みんなどうしてる

Hey!心の友達よ Hey!みんな元気かい

 

自分の心もそろそろ疑い始めてる

そうぼちぼちペースをおとすべきなのだろう

ひとつひとつかみしめながら ながら族もうおわり

季節を感じ 風を感じ 緑を見よう

(略)

悲しみの涙で育った大きな木を どこまでものぼっていけば

いつか必ず 必ず 月に着くだろう そこで音楽を聴いて踊ろう

夜はどこからともなく ぼくたちを包み込む

君は何をしている 雨はいつか止むのかい

この雨は いつか止むのかい?

 

この雨はいつか止むのかい?

 

帰宅したら、テレビで真心が「サマーヌード」をアコースティックアレンジで歌っていました。NHKだからテレビサイズじゃなくても良くないか!

ほいで8月秋田通院も行ってきました

もう数日前ですかね。行ってきました。前回は薬を半錠増やしても

体調はずっと変わらず、早朝覚醒、朝しんどい苦しい食欲ない痩せてきてるという状況で

私は原因は眠りにあるとしか思っていなかったのですが

主治医に「つまり朝のうつがひどいってことね」とばっさり言われ、

「あれはうつだったのか・・・」と目から鱗がポロリ。

 

病人を長くやっていると、何が「大丈夫」な状態なのか、何をもって「食欲がある」というのか、うつ病のくせにうつってなんだったのか分かんなくなったりする。

「食欲がない」というのも、主治医に言われたから「・・・そうか。」と自覚したからであって、3食欠かさず食べてたから自分ではそうとは思わず、ただ、美味しいのかと言われればそうではなく、無自覚に味の強いもの(チョコドーナツとか)ばかり食べてたなあと。

 

ということで、投薬は選手交代。

昔飲んでいたうつの薬カムバック。

 

翌日は吐き気があり、数日眠気が強くあり、今日あたりからなんか身体が落ち着いてきました。久々に料理してご飯食べた。

 

行きは仙台七夕まつりの最終日にあたって、駅構内の人の多さにびっくり。

外国から(アジア圏多し)のツアー客がたくさんいるのが特徴的でした。

 

今回は、映画化するので伊坂幸太郎アイネクライネナハトムジーク」を読み返しながら新幹線の車中を過ごしました。

伊坂幸太郎がかねてから斉藤和義のファンであり、「幸福な朝食 退屈な夕食」を聴いてサラリーマンを退職して物書き一本で行くことを決めたのは有名な話。

この本は、斉藤和義からの「恋愛をテーマにしたアルバム(紅盤)を作るから歌詞を」という斉藤和義からのオファーに、伊坂幸太郎が「歌詞は無理だけど小説なら」と提供した一編が端緒となった短編小説集。伊坂作品らしく、全編読み終えたとき、伏線が最後にすべて回収されて「うわああ!」と爽やかな気持ちになるのはもちろんですが、読み返さないと気付けなかった伏線もたくさんありました。ちなみに、伊坂の小説「アイネクライネ」を受けて斉藤和義が書いた曲はこれ。 


斉藤和義 - ベリーベリーストロング~アイネクライネ

何が「ベリーベリーストロング」なのかは小説をぜひ。

ちなみに「紅盤」は、「ウエディング・ソング」が有名ですが、キセルの「ベガ」のカバーが本当に良いのです。それはまた別の話・・・

  

JR-EAST Wi-Fiが整備された東北新幹線ですが、盛岡を過ぎて秋田新幹線のエリアに入ると圏外がまだまだ多いので、紙の本は大事。

 

アイネクライネナハトムジーク」の映画はロケ地宮城で先行上映とのこと。

楽しみです。


斉藤和義「小さな夜」(映画版特別MV)