手を伸ばす前のまわり道

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

ほいで8月秋田通院も行ってきました

もう数日前ですかね。行ってきました。前回は薬を半錠増やしても

体調はずっと変わらず、早朝覚醒、朝しんどい苦しい食欲ない痩せてきてるという状況で

私は原因は眠りにあるとしか思っていなかったのですが

主治医に「つまり朝のうつがひどいってことね」とばっさり言われ、

「あれはうつだったのか・・・」と目から鱗がポロリ。

 

病人を長くやっていると、何が「大丈夫」な状態なのか、何をもって「食欲がある」というのか、うつ病のくせにうつってなんだったのか分かんなくなったりする。

「食欲がない」というのも、主治医に言われたから「・・・そうか。」と自覚したからであって、3食欠かさず食べてたから自分ではそうとは思わず、ただ、美味しいのかと言われればそうではなく、無自覚に味の強いもの(チョコドーナツとか)ばかり食べてたなあと。

 

ということで、投薬は選手交代。

昔飲んでいたうつの薬カムバック。

 

翌日は吐き気があり、数日眠気が強くあり、今日あたりからなんか身体が落ち着いてきました。久々に料理してご飯食べた。

 

行きは仙台七夕まつりの最終日にあたって、駅構内の人の多さにびっくり。

外国から(アジア圏多し)のツアー客がたくさんいるのが特徴的でした。

 

今回は、映画化するので伊坂幸太郎アイネクライネナハトムジーク」を読み返しながら新幹線の車中を過ごしました。

伊坂幸太郎がかねてから斉藤和義のファンであり、「幸福な朝食 退屈な夕食」を聴いてサラリーマンを退職して物書き一本で行くことを決めたのは有名な話。

この本は、斉藤和義からの「恋愛をテーマにしたアルバム(紅盤)を作るから歌詞を」という斉藤和義からのオファーに、伊坂幸太郎が「歌詞は無理だけど小説なら」と提供した一編が端緒となった短編小説集。伊坂作品らしく、全編読み終えたとき、伏線が最後にすべて回収されて「うわああ!」と爽やかな気持ちになるのはもちろんですが、読み返さないと気付けなかった伏線もたくさんありました。ちなみに、伊坂の小説「アイネクライネ」を受けて斉藤和義が書いた曲はこれ。 


斉藤和義 - ベリーベリーストロング~アイネクライネ

何が「ベリーベリーストロング」なのかは小説をぜひ。

ちなみに「紅盤」は、「ウエディング・ソング」が有名ですが、キセルの「ベガ」のカバーが本当に良いのです。それはまた別の話・・・

  

JR-EAST Wi-Fiが整備された東北新幹線ですが、盛岡を過ぎて秋田新幹線のエリアに入ると圏外がまだまだ多いので、紙の本は大事。

 

アイネクライネナハトムジーク」の映画はロケ地宮城で先行上映とのこと。

楽しみです。


斉藤和義「小さな夜」(映画版特別MV)