手を伸ばす前のまわり道

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

キセル「20th anniversary year of kicell 〜野音でキセル2019〜」2019.9.16@日比谷野外音楽堂

雨上がりの野音キセル。4年ぶりの、野音キセル

https://www.instagram.com/p/B2drDQPlE-2/

雲の間には青空。蝉の鳴く声。夕暮れを経て闇が濃くなると鈴虫の声。湿気を清めるようにときおり吹く風、雨上がりの緑の匂い。

全てがキセルの演奏と一体となった、言葉では表現しきれない3時間となりました。

ステージには緑。日比谷公園の中にあとからぽっかりステージができたみたい。と思って見ていたら、このステージデザインは友晴さんによるものとのことでした。

 

演奏はキセルふたりの「庭の木」からスタート。リズムボックスなし。

てくてく歩いてきておもむろに演奏を始める自然さと、ふたりセットながら音を鳴らしたその時から演奏に引き込まれるその歌と演奏、楽曲の威力。

キセルは20年の時を経て、キセル若木から大樹へと深く根を張り、大きく枝を伸ばしている樹木のようだ、となぜか思ってしまいました。伸びやかな弟の声。ハモリの美しい響き。

 

そこからドラムのゆうこさん、キーボードの野村卓史さん、フルート、サックスの加藤さんとだんだん加わっていきバンド編成での演奏へ。

 

ゆうこさんと卓史さんはおなじみながら、加藤さんの、特にサックスの音は、初めは私ちょっと違和感?とはいかないが引っかかり?は感じていたんですよね。優しい音色でフルートは口笛のような柔らかさだけど、サックスが。初めて聞いたのがさくらホールだったのか。最近リリースされたベスト盤の宅録CDにもサックスの音が入っていたような。でも、このライブは全く引っかかりなく聞けた。むしろ必要だ思いました。

これが、友晴さんの言ってた「体内フィルターをいい具合に通った音」なんだろうなあ。サックスを持ち替えていたことにも気づかなかったくらいでした。

 

ライブは、最近出たキセルのベストの曲(特にDisc2)の色が濃かったですが、それだけではなく、新旧取り混ぜていてそれでいてみんな「今のキセル」。

これがキセルのライブに来なくちゃいけないと私が思う所以で、キセルのライブはどこだっていつだってその時にしかないものなんだよなあ。

一曲一曲、いつでも「終わらないでほしい」と思いながら音を浴びる。

 

個人的には、「鴉」があったのがめっちゃうれしかったです。ニジムタイヨウ!そしてその曲が「明るい幻」や「The Blue Hour」の曲と何ら違和感なく並んでいたのもうれしかったのです。これがキセル

 

ライブ全体がゆっくりしたテンポの曲で構成されていたのも「らしい」。

初回の「野音キセル」は楽曲のテンポめちゃ上がってましたね。常に新しいことを、とゆっくりと進んできたキセル。これが今のキセルなんだなあ。

「時をはなれて」が、リリース時より断然好こなれてる。

 

「今のキセル」は、ゲストとしてエマーソン北村さんが出てきたときも同様。

一曲やってから「昔と同じなのも何だから」的なことを言って、兄さんドラムを叩きながら歌う。それも、ちびっこドラマー(そんなのいた気がする)が使うようなちっちゃなドラムを叩きながら。本人は「CCBか」と言いながら演奏し「なんかわらける」と言っていましたが、エマさんのちっちゃなキーボードにぴったりのやさしいドラムの音。

 

歌いながらドラム・・・斉藤和義?と思ったけどやっぱり違うかなあ(笑)

 

終盤の「ギンヤンマ」や「ベガ」は、やっぱりぐっときました。

終わってほしくなかった。ずっと聴いていたかった。

毎度のことながらステージの照明の効果もずるいじゃないか!

 

キセルのふたりやバンドメンバーを含め、なんかスタッフ全員の「気合い」も感じました。いいライブにする。という気合い。

知らなかったのですが、日比谷野音、改装されていたんですね。椅子が綺麗な木製に。兄さん曰く檜製らしい。ステージの板も張り替えているらしい。(トイレも綺麗に。オリムピック効果?)

 

雨上がりだから、椅子濡れているかなと思ってたら大丈夫。

通路に水たまりが残っていたから、あれはスタッフさんが拭いてくれたのですよね。あのライブを作ってくれた全ての人に感謝したい。あとずっとキセルを好きでよかった、と心の底から思えるライブでした。私が一生聴き続ける音楽の中に、キセルは必ずあるんだと思う。

https://www.instagram.com/p/B2eDI19lqCm/

名残惜しく終演後キセルのふたりに「また必ずね」。

物販、予算オーバーして買いすぎました。兄さんが小豆色(兄さんカラー)のキセルTをアンコールのステージ上で初めて着用。おおっと思ってライブ後買いに行ったらなかったねえ。

https://www.instagram.com/p/B2gKPk8F_6f/

 特典のコースターはピンク。マッチは・・・何に使いましょう?

 

Kicell's Best 2008-2019

Kicell's Best 2008-2019

 

 


キセル / ギンヤンマ(STUDIO SESSION)

 

 

 

 

 

一方で残念なこともありました。

 

整理番号付き全席自由なのに荷物で席取り。モラルの問題。

MC中に大きな声で関係ないことを喋る。敬意の問題。

その人たちがライブの終盤にやったことが、照明で彩られた演奏中のステージをなんども写真に撮ったり、席取ってもらって遅れて入場した人に至っては動画取っていました。揃って手を伸ばしてスマホを掲げていたあなたたち、一体、ここに何をしにきたの?周囲には、人がやってりゃ自分もいいのか、二、三人が同じことをやってました。

カクバリズムのミュージシャンはそこんとこ、客のモラルに委ねている部分が大きいと思う。アナウンスがないのもそういうことなんだろうと勝手に思っている。

関係者がスマホで写真を撮っているのは何度か見たことはあるし。

この特別なライブにわざわざ来て、演奏するキセルのふたりにスマホをかざす。

失礼だなあ、そしてもったいねえなあ。感じられないんだなあ。

 大きな会場ならではのことなんでしょうが。

次の野音は位置どりに気をつけようっと。