手を伸ばす前のまわり道

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

星降る夜の音語 キセル/蔡忠浩/次松大助@仙台市天文台プラネタリウム2019.12.14


2019.12.14(土) StarBallad〜星降る夜の音語〜

https://www.instagram.com/p/B6DlOWCl3_L/

仙台市天文台でのライブに行ってきました。

これが決まったのが秋。ずっとずっとずっとずっと楽しみにしていました。

キセルプラネタリウムの星空の下でライブ。

これは良いに決まっているではありませんか。

https://www.instagram.com/p/B6DBj-SljAZ/

入場したら空にライブのタイトル。

SEはなく、ライブスタートの前におもむろに次松大助さんがステージへ。

生ピアノでのSE。すごい演出に愛と気合が入っているぞ。

https://www.instagram.com/p/B6DlKWNlceq/

ステージのセット。

私は、整理番号が結構早かったのですが、ステージ前から機械的に振り分けられてるのね整理番号。座席は、前だけど、前だけども、端。アップライトピアノの裏面しか見えねえという席。ステージサイド席じゃあないかいと思うも、

多くのお客さんは音楽とともにプラネタリウムを見上げていたから、あんまり関係ないのかな。。。まあ、端なので頑張らないと空も見切れるのですがね。。。

 

開演とともにキセルの二人が登場し、「夕暮れ担当を仰せつかりました、キセルです。」とあいさつして「くちなしの丘」、「星空」の二曲。プラネタリウムに映し出された夕暮れの仙台の街が、演奏とともに夜へと変化していきます。

 

キセルの「星空」これを聴くと、私はやなせたかしの「やさしいライオン」を思い出します。悲しく、やさしく、あたたかくてさみしいお話。

 

間をあけずにbonobos蔡忠浩さん。

ソロでライブを見るのは初めてだったんですが、さすがの演奏。

「客席が真っ暗で人の気配が感じられない」と何度も言いながらも、MCでしっとりとしながらも笑いを取り、歌い始めると空気をぐっと変えるのは流石の一言。

カバーの名手なのですね。ハナレグミの「家族の風景」のカバーとても良かったです。

最後の一曲はキセルと「ハナレバナレ」。語彙が乏しくて申し訳ないけど、良かったです。原曲と同じキーで、キセルの兄さんとは違う魅力がある歌。引き込まれました。

 

そんでキセル

いつものキセルでしたが、やっぱり「いつも特別なキセル」でした。

キセル弟の声がすごくのびやかでした。良かった、「サマタイム」。

野音キセルで聴いた「終わりに添えて」(表記がこれでいいいのかわかりませんが)が再び噛みしめられたのは嬉しかった。

あと、ちょっと曲の入りリズムボックスでミスってはいたものの、圧巻の「ベガ」。

(友晴さんの「ミスった」という苦笑いと、そこからの音楽を止めないでの立て直しに21年目のキャリアを感じました)

蔡忠浩さんの時のように、曲中のプラネタリウムの演出がキセルはないのかな、と思っていたら、(それでも十分キセルの空気は満ち足りていたのです)星空にベガが。そして曲の盛り上がりにつれて星がたくさん降ってきた。泣けた。というか泣かされた。

 

アンコールは、キセルの登場とともに、星空から雨。

やさしい雨。「ビューティフルデイ」だと分かりました。

企画のSAIKOROさんの告知映像で使われていたんだけど、

音楽を愛する人が作ったライブだなって、痛いほど伝わりましたよSAIKOROさん。

アンコールの後は、また次松さんのピアノで、空にはエンドクレジット。

ここまで演出が入ったキセルのライブってのも初めてだったけど、温かいものが心の中に残りました。

 

キセル兄さんも言っていましたが、キセル仙台市天文台でライブをするのは2度目。1回目は震災の年の春でした。

ライブがあるのを知ってはいたけど、あの時、私はうつ病による病気休暇から復職した直後。震災を迎え海辺の町で津波を目の当たりにし、でも仕事をかろうじてしていたうつの極期だった頃。

ライブはおろか、音楽を一切聞けなくなっていた時でした。緊急地震速報を聞くためだけにAMラジオをごく小さな音に絞って、黒煙の上がる町へと通勤していました。まあ半年ともたず入院しましたが・・・。

 

いろいろあり、今もいろいろあるけど、生きて、今ここでやさしい声を聞いているのだなあと思うと泣けて泣けてしかたなかったです。個人的な事情ですけどね。

あの震災1ヶ月後のライブはsold outだったと聞きました。

あの時私は行けなかったけど、あの時必要な人に音楽を届けてくれて本当にありがとう。そして、今目の前で歌ってくれてありがとう。

 

松島のハイボールの話は、ワンマンのライブで聞いたけど、兄さん!


キセル - ビューティフルデイ(FUJI ROCK 19)