手を伸ばす前のまわり道

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

2019通院終わり。

過日、秋田へ通院してきました。

同じ週に、大学病院へ。

これにて、2019年通院納めでした。ということで

https://www.instagram.com/p/B6nEm4klzwy/

駅の改札前のコンビニで見つけた「鶴の子餅」でお祝い。

白だし縁起が良さそう。秋田の老舗ですって。

食べてみたら、餡子など入っていないモッチモチの餅でした。

控えめな甘さ。一緒にほうじ茶を買うべきだった。

 

秋田の通院は、主治医急病のため代診の先生。ということで、

最近の状況など手短に説明してきました。

 

先立って行った大学病院では、待つこと1ヶ月、ようやく耳鼻咽喉頭頸部外科受診。

私が今大学病院を受診しているのは、首のリンパ節の断続的な腫れ、耳鳴り、声枯れ、舌の痺れでした。今までで3回、総合診療科で診ていただき、これが免疫疾患や腫瘍などではないことを明らかにしていただき、耳鼻咽喉科へ。

わかったのは2点。

一つは、全体的な聴力に問題はないが、ある特定の周波数の音に難聴があること。

もう一つは、副鼻腔炎を起こしていること。

難聴は、一つの音だけが谷のようにガクッと落ちていました。ここが耳鳴りの原因かもしれないとのこと、また、そうである場合、回復は見込めないこと。

副鼻腔炎は、カメラを入れてみたら素人目にも分かるくらい鼻から喉にかけて粘膜が真っ赤。このため、鼻水が喉に落ちて声枯れの原因になっているかもしれないとのこと。後はうつ病が関係している可能性もあるねと。

 

次の予約は1ヶ月後。原因が特定できたら地域の「かかりつけ医」にて治療となる見込み。仕事を度々休んでの通院も辛いので、終わりが見えてきて良かった。

耳鼻咽喉科の先生は、ずっと喋りっぱなしの先生で(汗)耳鳴りは念のため頭部CT

を取るかとかビタミン剤飲んでみるかとか補聴器のようなもので耳鳴りを緩和するかとかいろいろ言われましたが返事する暇ないくらい矢継ぎ早ではないですか。

次行ったら、どの音が聞こえてないのかちゃんと聞いてこないと。

 

その後、総合診療科受診。外来担当日ではないのに、しかも予約時間などとうに過ぎていたのに診察していただき感謝。

 

副鼻腔炎は凹みましたねえ。かっこ悪い。。。。。。。

関係あるのかないのか、その夜熱を出しました。

 

これで今年の通院は終わり。

年明けは、猫を全身麻酔下で検査です。

若葉もシニア猫と言われる年になっちゃったよ。