手を伸ばす前のまわり道

うつ病のこと、猫のこと、大好きな音楽のことの雑記です。

スコティッシュフォールド 若葉の骨瘤 先天性骨軟骨異形成の治療について

先日,やっと若葉を動物病院に連れて行き,骨瘤が大きくなり出血した部分を診ていただきました。

 若葉が先天性骨軟骨異形成と診断されたのは0歳4ヶ月,かなり早い段階でした。

もう7年前のことになります。この時は受け入れることが辛かったのですが,

今は早い段階で私のところに来てくれてから判明して良かったと思っています。

asagitti.hateblo.jp

 少しずつ,骨瘤は大きくなり,

https://www.instagram.com/p/B4cfzOwlZqa/

この写真は昨年。今は,この部分の脱毛が倍くらいになり,とうとう出血するに至りました。

 

傷が化膿したり,また骨瘤が大きくなり,骨が皮膚を突き破る可能性もあることは,骨瘤の診断の時に写真を見せられて説明されていました。(今のかかりつけとは別の病院ですが)

その時には,「治療法はない」と説明されていたのですが

医学は7年の間に進歩していました。

 

若葉の骨瘤は進行性。これからの人生を考えると,最悪足の切断に至る場合もある。

 

この病気を根治することはできない。が,考えられる治療法は,

1 放射線による治療

2 メスで骨を切る外科的治療

のいずれかということです。

 

1 放射線治療は,数年の間骨瘤の進行を止めることはできる。でも,この「数年」が,若葉の年齢を考えると意味があるのではないか。しかし,できる動物病院は限られる。

また,若葉は極度のビビリ。不整脈もあるので,長期間ストレス下に置くこと(=入院)はお勧めしない。(飼い主も無理であろうなとおもう)

 

2 外科的治療は,受入先は多いとは思われる。でも,多くの場合,メスで骨を切ってもまた増えてくる。対症療法に過ぎない。

 

よって,放射線治療をやってみませんか,と獣医さんから提案されたので,

若葉が子猫の時からお世話になっている獣医さんがいうのならば!と,放射線治療の線で探ってみることにしました。

病院では,若葉の脚の様子をデジカメで撮っただけで終了。

あとは,色々な病院に当たっていただけるということです。ありがたや。

 

どんな治療にもリスクはあるでしょうが,若葉のかーちゃんとして,ちょっと頑張ってみようと思うのです。今,提示された病院は,青森と,神奈川。

このビビリ猫とどう旅をしようか,どのくらいの回数,どのくらいのスパンで通院するのか。

全くわかりませんが,連絡をいただけることを待ちたいと思います。

 

医学は進歩するのだな,すごいな,と改めて敬服。

 

今は。出血防止のため

 

https://www.instagram.com/p/CBflm6yltz8/

伸縮包帯で保護してます。

 

包帯は,きつくしないようにしてくださいね,と獣医さんからのアドバイス

きつくしてしまうと,血流が止まり,皮膚が薄くなってしまうとのこと。

https://www.instagram.com/p/CBk7R7rlrcT/

傷になった部分も平気で床について遊ぶし走るし跳ぶし,なのですが,

獣医さんによると,痛みはあるはずとのこと。

若葉の場合は,0歳に発症していますから,痛みに慣れてしまっているのではないかとのことでした。・・・確かに,子猫の頃,足を引きずるので痛み止めを処方されていたこともありました。それはそれでかわいそうになあ。

 

しばらくやめていたサプリメントも再開。

「アンチノール」というサプリです。

www.vetzpetz.jp

ごめんね,ずっと続けていればよかったね。

 

ということで,骨瘤の治療はじめます。